大切なプレゼンテーションを成功させるには

写真拡大

多くの人の前で自分の考えを伝え、聞く人すべてに納得してもらうことは容易なことではありません。

プレゼンテーションの出来によっては会社の経営や自分の将来を大きく変えてしまう可能性も。

そこで今回は、失敗しないプレゼンテーションを行うためのコツをいくつかご紹介します。

なかなかうまくいかないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

■緊張して当然と考えるプレゼンテーションなどで、緊張しないようにするにはどうしたら良いかと考える人も多いはず。

しかしプレゼンテーションは重大なイベントでもあるため、まったく緊張しないという状態に持って行くのは不可能に近いといえます。

そのため、嫌な緊張状態を、良い緊張状態に変えるような気持ちの切り替えを行いましょう。

「緊張しても良いんだ」という風に気持ちをわりきれば、体の緊張もだんだんとほぐれて話しやすくなるはず。

マイナス思考をやめて、プラス思考で考えましょう。

■プレゼンテーションは話す前から始まっているプレゼンテーションで使う資料作りなど、事前の準備が万全なほど、当日は安心できるもの。

プレゼンテーションを行うときは、姿勢を正し、自信を持って話すことが大事です。

緊張すると早口になったり、声が小さくなったりしがちですので、常に気をつけるようにしましょう。

事前に家で直接口に出して練習しておけば、なおよしです。

■聞き手を飽きさせないプレゼンテーション資料をただ読んでいるだけのプレゼンテーション、ダラダラと長くて要点がつかめないプレゼンテーションなどは、聞いていてもわかりづらく、つまらないものとなってしまいます。

起承転結を無理に意識しなくても良いので、流れがよく、抑揚のある内容に仕上がるよう心がけましょう。

簡潔的でメリハリのある内容のほうが、聞いているほうも関心を持ちやすくなります。

「自分が話したいことを話す」のではなく、「聞き手が聞きたいことを話す」ように心がけましょう。

■手の動きで話すリズムや安心感が作り出せるプレゼンテーションのうまい人は、手をうまくつかっていることが多いもの。

これにより話にリズムを作り出すことができ、緊張がほぐれることも。

また、話すときは聞き手側を見るのが大事。

自分の話を聞いてもらうためのプレゼンテーションですから、たとえ聞き手がこちらを見ていなくても、目線を意識しましょう。

大画面やホワイトボードを利用する場合は、それらをしっかりと見てもらうようにするために、資料では足りない情報を積極的にアピールします。

その際聞き手が顔を上げたら、どんな感じで聞いているのかを確認してみるのも良いでしょう。

■うまい人のプレゼンテーションを参考にプレゼンテーションは何度かこなし経験を積むことで上手になっていきます。

最初はうまい人のプレゼンテーションを参考にし、活用できる方法はぜひ試してみましょう。

プレゼンテーションは常に成功すると言うわけではなく、失敗から学ぶこともたくさんあります。

失敗を恐れずに、自分なりの成功術を見つけてみてください。