最終18番をバーディで締めガッツポーズのタイガー(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<WGC-キャデラック選手権 3日目◇9日◇TPCブルーモンスターatドラール(7,334ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるTPCブルーモンスターatドラールで開催中の「WGC-キャデラック選手権」の3日目。2日目を終えて単独首位に浮上したタイガー・ウッズ(米国)は今日も快調なゴルフでスコアを伸ばし、2位との差を“4”に広げ独走態勢に入った。
タイガー、「ペナルティ受けすぎ」大荒れゴルフで37位タイ
 ウッズは1番のパー5で幸先良くバーディを奪うとそこから3連続バーディ。5番のパー4はボギーとしたものの、8番、10番とパー5でしっかりとバーディを奪う。さらに15番パー3でも2.5メートルのパットを沈めバーディ。17番で今日2つ目のボギーを叩いたが18番で再びバーディを奪い、この日5アンダー“67”、トータル18アンダーまでスコアを伸ばしている。
 4打差の単独2位につけるのはグレアム・マクドウェル(北アイルランド)。マクドウェルはこの日、2つのイーグルを記録したものの、14番でのダブルボギーが響きウッズとの差を広げられる結果となった。さらに1打差の3位タイにはフィル・ミケルソン(米国)とセルヒオ・ガルシア(スペイン)の2人がつけている。ウッズがこのまま磐石のゴルフで逃げ切るのか、それとも実力者たちが下から突き上げるのか、最終日の展開に注目だ。
 世界ランク1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)は、バーディも出るがボギーも出る出入りの激しいゴルフ。3日目は6バーディ3ボギー1ダブルボギーの“71”でラウンド。トータル3アンダーとして順位を30位タイに上げている。

【3日目の順位】
1位:タイガー・ウッズ(-18)
2位:グレアム・マクドウェル(-14)
3位T:フィル・ミケルソン(-13)
3位T:スティーブ・ストリッカー(-13)
5位T:セルヒオ・ガルシア(-11)
5位T:マイケル・トンプソン(-11)
5位T:チャール・シュワーツェル(-11)
5位T:キーガン・ブラッドリー(-11)
9位T:ババ・ワトソン(-10)
9位T:フレディ・ヤコブソン(-10)
30位T:ローリー・マキロイ(-3)他1名
<ゴルフ情報ALBA.Net>