今日の悔しい経験をバネに、最終日にまた素晴らしいプレーを見せてほしい(撮影:福田文平)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 2日目◇9日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,435ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の2日目。初日、“66”をマークし単独首位に立った20歳の新鋭・山村彩恵。しかし、この日は15番のティショットを左の池に落とすと、このホールをトリプルボギーとしてしまう。ここからリズムを崩しそこから上がり3ホールで連続ボギー。終盤で一気にスコアを後退させ、トータル2アンダー29位タイに後退してしまった。
トレードマークはホットパンツ!20歳の山村彩恵が首位発進
 「自分が精神的にまだまだだと感じましたし、技術的にもまだまだだと感じました」と悔しそうに話した山村。「自分にとってはいい経験になったと思うので、きっと自分にはプラスになると思います…プラスにしていかないと思います」。この結果を受け止め、悔やむだけでなくさらなるレベルアップにつなげる意向だ。「明日は初日のようなプレーができるよう頑張ります」。試合はまだ終わっていない、今日を糧にさらなる飛躍を目指す山村の巻き返しを期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
女子プロたちの活躍を写真で振り返る
AKB山内鈴蘭の秘蔵写真はこちらから