元greenデザイナーによる新ブランド「ハイク」青学にスクールショップ限定オープン

写真拡大

 元「green(グリーン)」のデザイナーで活動を再開した吉原秀明氏と大出由紀子氏が立ち上げた新ブランド「HYKE(ハイク)」が3月9日、ファーストコレクションの発表を前に限定ショップを出店した。集英社主催のイベント「Women's Magazine in AOGAKU2013」内にポップアップストア「THE SCHOOL SHOP by HYKE(ザ スクール ショップ バイ ハイク)」を2日間限定でオープンし、オリジナルのウェアや雑貨を販売。学生をはじめ「green」の元顧客も多く来店するなど、初日からにぎわっている。

元グリーンデザイナーの新ブランド出店の画像を拡大

 「HYKE」は、吉原秀明氏と大出由紀子氏が2009年春夏コレクションをもって「green」を休止し、約3年を経て2013-14年秋冬コレクションからスタートを切る新ブランド。デビューコレクションに先駆け、「green」時代から関わりが深かったという集英社の女性誌「SPUR(シュプール)」と取り組み、「HYKE」がデザインするカレッジアイテムの限定ブランド「THE SCHOOL SHOP by HYKE」を発表した。青山学院大学で3月9日〜10日の2日間にわたって開催されているイベント「Women's Magazine in AOGAKU2013」内に購買部をイメージしたポップアップストアを開設。ウェアはシャツやニット、パーカ、Tシャツ、スカート、タンクトップの計7型と、雑貨はトートバッグやノート、クリアファイル、ペン、マグカップなどを販売している。初日は、「green」で人気だったアイテムをアップデートしたウェアや、「HYKE」の特別なエンブレム入りの雑貨が人気を集めている。

 「HYKE」のブランドコンセプトは「Heritage & Evolution」。ブランド名は吉原氏と大出氏を含めた家族4人のファーストネームの頭文字から付けられた。吉原氏は「再始動する時はブランドも新しくしたいと考えていた。休止中から声をかけて頂いていたSPURの協力で、ファーストコレクションの前に限定ショップを出すという形になった。はじめまして、という気持ち」と話した。今回の「THE SCHOOL SHOP by HYKE」はイベントのために制作された限定コレクションだが、服づくりや感覚などベーシックな部分は「HYKE」と共通しているという。「HYKE」のファーストコレクションは3月26日から開催される展示会で発表し、イメージフィルムの公開も予定。ショップ展開などはまだ未定で、大出氏は「少しずつ前に進んでいきたい」と話している。


■休止ブランドgreenのデザイナーが活動再開
 http://www.fashionsnap.com/news/2012-12-25/green-yoshihara-oide/

■Women's Magazine in AOGAKU2013
 http://hpplus.jp/special/wm2013/