恋人とのケンカの原因で一番くだらなかったものは?




「夫婦喧嘩は犬も食わない」といいます。「夫婦のケンカは、つまらない原因のものが多く、他人から見ても夫婦のことは分からないし、どうせ元のさやに収まるのだから放っておけ」といった意味です。おそらく恋人同士のケンカもそうでしょう。

そこで、恋人とのケンカの理由で一番くだらなかったものを聞いてみました。



調査期間:2012/12/26〜2013/1/8

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



「一番くだらないケンカの原因」として挙げられた回答をご紹介します。



●恋人の友人の前で腕を組もうとしたら振り払われたことがきっかけで。(神奈川県/女性/23歳)



これは彼氏も少し大人げない感じですね。照れていたのでしょうか。



●卵焼きの味付けを塩としょうゆか中華味とめんつゆかで争った。(栃木県/男性/29歳)



「味付け」はどうも根深い問題のようです。そりゃそうですよね。お互いに育った環境も全く違う二人なんですから。一致する方が珍しいでしょう。



●卵焼きにはしょうゆをかけるか。味付け次第なのに、正直くだらない。(新潟県 男性/29歳)



違う環境で育った二人が恋人になって、結婚し、家庭を持つようになったら、またそこで二人が納得する「その家庭の味」ができるんですよね。そこに至るまでは二人で試行錯誤しないと仕方ないんですよ、きっと。



●目玉焼きやカレーに何をかけるか……。私は目玉焼きはしょうゆだしカレーもひと味足りないとしょうゆ派ですが、相手は両方ともソース派で、どうしてなのか議論になりました。(東京都/女性/48歳)



それぞれが自由に、別の調味料を使うということで納得しましょう(笑)。



●冷蔵庫に入れておいたコーヒーゼリーを勝手に食べられたこと。自分で買い足せばいいのだけど、つい感情が先に出てしまいケンカに発展しました。(埼玉県/女性/28歳)



この類例はとても多く回答がありました。プリンだったりジュースだったり、水ようかんだったり(笑)。日本中でケンカの火種になっているようですよ!



●冷蔵庫の中身の置き方。(千葉県/女性/31歳)



細かいことですが、気になるんですよね。で、言わないとまたそれで悶々(もんもん)とするという。こういうのって言うタイミングもありますよね。



●彼が男友達ばかり部屋に呼んで泊めて、私を呼んでくれないから。(千葉県/女性/25歳)



何か理由があったんでしょう。彼女を泊めるほどきれいに掃除ができていないとか。女子を泊めるにはそれなりに片付けないといけないんですよ、男も。



●八田亜矢子がかわいいか、かわいくないか。(兵庫県/女性/28歳)



女性からは支持が薄いんでしょうか。



●二人とも名探偵コナンが好きだったので、最終回どうなるか予想を話していたら、いつの間にかケンカに……。(島根県/女性/25歳)



なぜ、そんな架空の物語のことでケンカに(笑)。しかも、どんな結末かは作者以外に分かるはずないのに……。



●お昼に何食べるか。(福島県/男性/26歳)



迷ったりしてもめたりするんですよね。分かります。



●相手がくしゃみをした。(千葉県/男性/25歳)



どういうシチュエーションだったかは分かりませんが、くしゃみくらいは許してあげないといけないのでは……。



●相手の前でのおなら。(東京都/男性/45歳)



「出物、腫れ物、ところ嫌わず」とは言うものの、これを許せる人と許せない人がいますよね。



●洗濯物の干し方。(青森県/男性/22歳)



干し方にも人それぞれこだわりがありますしね……。



●占いの内容が悪いことでケンカ。知らねーよそんなもん。(東京都/男性/37歳)



確かに「知らねーよ」ですかね。占いは「いいことだけ信じる」のが正しい態度だそうです。ある占いの先生がおっしゃっていました(笑)。



●食事で好きなものを取っておいたら「いらないの?」と言って食べられたとき。(東京都/女性/30歳)



これはよくあるみたいですよ。同回答がほかにもありました。「取っておいたのにー!」とキーッとなる人多数です。



●食パンにひじきを載せてトーストするか否か。(愛知県/女性/26歳)



まあ、あまりやらない食べ方だと思いますが……。おいしいんでしょうか?



●手作りギョーザの皮のとじ方。(東京都/女性/26歳)



ギョーザの皮をとじるのって慣れないと難しいですよね。速くとじられるようになるとちょっとウレシイですよ。



●どっちが先に部屋に入るかでケンカした。(東京都/男性/25歳)



なぜそんなことで競争になったのでしょうか(笑)。



●刺し身にわさびを付けるか付けないかでもめた。(東京都/女性/30歳)



まあ、普通は付けると思うのですが……。



●好きな女優を言ったら、彼女の嫌いな女優で、なぜか言い合いになってしまった。(岡山県/男性/25歳)



女性は女性に厳しいですからねー。特に芸能人には厳しい目を向ける人が多いようですが……。まあ、男が分かってないんでしょうけれども。



●どっちの方が字がきれいか。(東京都/女性/26歳)



公平に判定できる第三者を用意しましょう!



●ジャガイモにビタミンCが含まれているかいないか。(愛知県/女性/30歳)



どっちでもいいんじゃないでしょうか(笑)。



●くすぐられすぎて泣いたこと。(愛知県/女性/26歳)



最初は冗談で始まったんでしょうが……。



●『きのこの山』と『たけのこの里』論争。(新潟県/男性/28歳)



これはまだ決着がついていない問題です。今でも激しい論争が続いています。



●クーラーの温度設定。(滋賀県/男性/34歳)



女性は冷え性の人が多いですしね。この問題が火種になることは多いですよ!



●お帰りのキスをするかしないかでもめた、今思うと恥ずかしい思い出である。(神奈川県/女性/23歳)



どっちが「しない」を主張したのかが気になります(笑)。



●うどん派かそば派か。(神奈川県/男性/26歳)



「どっちもおいしい」という結論ではダメなんでしょうね、きっと。



●うどんのだしが関東風か関西風か。(千葉県/男性/27歳)



関西の人はうどんのだしにはちょっとうるさいですよ。



●インスタントコーヒーの濃度が濃いか薄いかでもめたことがあった。(東京都/男性/40歳)



それぞれで濃さを調節しないと仕方がないですね。



●マリオカートをしていて赤甲羅をぶつけられた。それだけ。(北海道/女性/31歳)



「赤甲羅」がイイ味を出していますね(笑)。



●メールの短さ。(神奈川県/男性/24歳)



短くてそっけないとか、そういうことでしょうか。



●どのくらいお互いが好きかということ。(広島県/女性/24歳)



これこそ他人が聞いたら「知らんがな」というケンカですね(笑)。



●車はオートマ派かマニュアル派か。二人で噴き出して2時間後には仲直りしました(笑)。(鹿児島県/女性/24歳)



仲直りして良かったですね!



「ケンカのいいところは仲直りができるところ」というイイ言葉があります。ケンカの1つや2つ乗り越えないと、本当に仲が良いなんていえないのでしょう。



あなたは、自分の彼氏、彼女とくだらない理由でケンカをしたことありますか?







(高橋モータース@dcp)