マドンナが露出しすぎでSNSから警告! 露出好きセレブの特徴

写真拡大

マドンナが過激な発言と写真を掲載しているとして、SNSサイト「Instagram」から警告を受けています。

マドンナと言えば80年代から一貫してセックスシンボルとして、一線で活躍し続けていますが、露出度を上げて話題をさらうのは、彼女の常套手段。

実は、過激で露出度の高いファッションで注目されるアーティストにはある共通点があることに気付いた筆者。

今回はマドンナを筆頭に、レディ・ガガ、ニッキー・ミナージュの3人の露出セレブの特徴を探ってみました。

本当は寂しがり屋? 露出好き有名人の共通点

過激な露出で話題をさらうセレブたちには、共通点がありました。

今を時めくアーティストのマドンナ、レディ・ガガ、ニッキー・ミナージュの3人からその特徴を分析します!


●その1:人見知り

これはその他のセレブにも見られる傾向ですが、意外と多い、人見知り露出セレブ。

信頼できるスタッフ以外には、心を許しません。

衣装の露出が多いのは、アーティストとしてのこだわりの表れでもありますが、必ず批判の対象にもなります。

そのため素性の分からない初対面の人に対して、壁を作る傾向が強くなります。


●その2:寂しがりや

マドンナ、ガガ、ニッキーの3人に共通するのが、生い立ち期の家族との確執です。

3人共それぞれ満たされない幼少〜少女時代を過ごしていたためか、愛情に関しては人一倍敏感です。

「私をもっと見てちょーだい!」という欲求が、露出という形で出ているのかもしれませんね。

とくにマドンナは男性パートナーが絶えることがありません。

一人でも問題なく生きていけそうな強さを感じますが、実は、心はとてもセンシティブなんです。


●その3:神経質

マドンナは宿泊するホテルの部屋を改装させるほどに潔癖。

「他人が使った部屋を使いたくない」のだそうで、その神経質っぷりは筋金入り。

ガガやニッキーがここまで神経質かは定かではありませんが、神経質でなければあのクオリティのメイクには到達できないでしょう。

その意味では、露出に耐えうるボディをキープするだけでも、大変なことです。

ガガに至っては、1日に50回も衣装を着替えるというから、かなりの神経質なのかもしれません。


●その4:意志の強さ

3人に共通する最大の特徴とも言えるのが「絶対に成功する」という強い意志です。

彼女たちは自分の魅力を最大限に生かすための努力を惜しみません。

その結果として、露出度が高くなる傾向があるようです。

露出は彼女たちにとってパフォーマンスの大切な要素。

各種団体から批判を受けたら、速攻胸を隠すような甘っちょろい信念ではないのです。


露出する前に自己分析から始めましょう

露出好きな女性は性的な魅力全開で肉食なイメージがありますが、実は素の部分では不器用で自己表現が苦手だったりするのかもしれません。

だからこそ神経質なまでに自己演出をして、必然的に露出が多くなっているだけなのでしょう。

ちょっとイタイ露出ちゃんになっているあなた、まずは自分の魅力を分析することから始めてみてはいかがですか?

ボタンを一つ留めたほうが、魅力的に見えることだってありますよ。


関連商品

【送料無料】 マドンナ 永遠の偶像 / ルーシー オブライエン 【単行本】


Written by フランクひらがな
Photo by Steven Santiago Photography