アーバンリサーチ新業態「センスオブプレイス」関東進出 原宿に限定オープン

写真拡大

 アーバンリサーチ初のSPA業態「SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)」が、3月16日から期間限定で関東に初出店する。3月15日にオープンを迎える「天王寺ミオプラザ館」の1号店に続いて、「東急プラザ 表参道原宿」の3階「OMOHARA STATION」にポップアップストアをオープン。デビューコレクションをはじめ、オープンを記念した限定アイテムを揃える。期間は4月17日まで。

センスオブプレイス関東初進出の画像を拡大

 「SENSE OF PLACE」の関東1号店は、4月に1周年を迎えるポップアップスペース「OMOHARA STATION」の第13弾となる出店ブランド。ロンドンのクリエイティブ・カンパニー「TOMATO(トマト)」の創立メンバーSimon Taylor(サイモン・テイラー)がブランドのディレクションを手がけており、Simon Taylorとアーバンリサーチによるデザイン・プロダクションカンパニー「Lowpro Design(ロウプロデザイン)」が店内の内装を担当する。一枚で着られるベーシックアイテムから色や柄にこだわったトレンドラインまで、トップスが1,490〜7,990円、パンツが3,990〜8,990円と手ごろな価格帯のウェアコレクションを展開。モデルの菊池亜希子が編集長を務めるムック「マッシュ」とコラボレーションしたナップサックや、「Cosme Kitchen(コスメキッチン)」と制作するオリジナルのパッケージコスメなども限定販売する。

 「SENSE OF PLACE」は、「THE WORLD STANDARD FASHION-世界標準のトレンド-世界標準のデイリースタンダード」をコンセプトに、28歳前後と他業態よりも若年層のスタッフで立ち上げられたアーバンリサーチの新業態。20代から30代の男女をメインターゲットに、「TRENDY LOOKS」と「REAL CLOTHING」、「DAILY CASUAL」、「BASIC STYLE」の4つのラインを主軸にアイテムを構成し、「天王寺MIOプラザ店」や「東急プラザ 表参道原宿」に加えて、4月26日には「グランフロント大阪」に新店舗を開く予定だ。

■SENSE OF PLACE ポップアップストア
 期間:2013年3月16日(土)〜4月17日(水)
 場所:東急プラザ 表参道原宿 3階「OMOHARA STATION」内
 営業時間:11:00〜21:00
 http:// www.senseofplace.jp