トニー・ブレア元英首相(AFLO=写真)

写真拡大

ビジネスマンに必要なユーモアとは何だろう。商談中に爆笑をしてもらう必要はないが、相手との距離を縮めたり、よい空気をつくりたい。心をくすぐる程よいスパイス加減とは。各界の先達たちの言葉からそのあり様を探った。

イギリスの第73代首相、トニー・ブレアは機知に富む人間で、ユーモアの意味をよく知っていた。

圧勝で首相に再任された2001年、ブレアは時のアメリカ大統領のジョージ・W・ブッシュと初顔合わせをした後、共同で記者会見に臨んだ。あるイギリス人記者が「ふたりの共通点は見つかりましたか」と大統領に質問した。ブッシュは、

「ふたりともコルゲート歯磨きを使っている」

と軽口をたたいた。横にいたブレアはすかさず、合いの手を入れた。

「どうしてそれがわかったのか、怪しまれるよ、ジョージ」

ユーモアを理解するイギリス首相はブレアひとりではない。

ガーター勲章を受章したイギリスの大宰相ウィンストン・チャーチルもまた、機知に富む人間だった。

日本軍が真珠湾を攻撃した1941年12月、ホワイトハウスに招かれたチャーチルはバスタブを使った。お湯からあがった後、偶然、フランクリン・ルーズベルト大統領が通りかかったのである。裸だったチャーチルはこう言った。

「大統領、私はアメリカ合衆国に対して、何も隠すものはありません」

どちらもブッシュ大統領の回顧録に載っている挿話だが、彼がこうした話をいくつも書いているのは、欧米の政治家にとって、ユーモアは勇気、信念などと同じように必要な資質と考えられているからだ。

そうなると、情けないのは日本の首相である。首脳会談やサミットなどで、海外の元首と会う機会も少なくないはずなのに、「ユーモアを駆使した日本国の首相」のエピソードはまったく伝わってこない。だが、それも致し方ないようにも思う。サミットの報道を見ていると、日本国首相は記念撮影に臨む際、ほぼ間違いなく、列の端っこで泣きそうな顔をしてカメラに向かっている。また、歩いているときでも、集団からひとり離れて、とぼとぼ足を運んでいる。ユーモアを発揮するどころか、発言する場面すらないのだろう。

……しかし、たったひとりだけいた。あの小泉純一郎元首相である。彼は講演の冒頭、こんな、おやじギャグを飛ばしたことがある。

「初めまして。『感動した』のコイズミです。しかし、みなさん、日本の政治は『菅、どうした?』といった状態ですね」

トニー・ブレアは自身の回顧録に「コイズミには驚いた」と記している。

05年夏、グレンイーグルズサミットでのことだ。フランスの独自性を追求するド・ゴール主義者、ジャック・シラク大統領は「料理がまずい国の人間は信用できない」と口を滑らせた(本人は否定)。

そして、サミット晩餐会である。ロンドン大学留学経験のある小泉元首相は食事が始まったとたん、シラク大統領に「Excellent English food, isn't it, Jacques?(ヘイ、ジャック。イギリスのメシは悪くないぜ)」と呼びかけたのである。

周囲にいた大統領や首相は天衣無縫のコイズミにあぜんとして、一瞬、きょとんとした後、どっと沸いたという。ほかにも、コイズミ・エピソードはいくつかあるのだが、いずれも稚気溢れる人柄が伝わってくる。

円滑なコミュニケーションのためには、「私は堅苦しい人間ではありません」というサインを相手に伝えることが必要だ。そして、ユーモラスな言動は相手の緊張をほぐすことができる。

(ノンフィクション作家 野地秩嘉=文 AFLO、PANA=写真)