【人生の悩み】インコが歌ってたので指揮者になりきっていたら彼氏に見られた

写真拡大

こんな質問が編集部に寄せられていました。

■インコが歌っているとき、つい髪を振り乱して指揮者になりきっています「24歳女性です。

3つ年上の彼氏がいるのですが、彼はかわいらしいオカメインコを飼っています。

このインコがとても面白く、言葉をしゃべる上に、よく歌を歌っています。

AKBの歌や、ピンクレディも歌いますし、ベートーベンの曲も「るーるーるー」と歌っています。

彼氏が不在の時は、インコの前で髪を振り乱して指揮者になりきっています。

しかし先日、それがばれてしまいました。

ちょっとひかれたらしく、家に入れてくれません。

どうすれば許してくれるでしょうか?」⇒原文はこちらから。

なるほど、なかなか優秀なインコですね。

それだけ多芸なら、テレビ番組のうちのペットはすごい!的なコーナーに出演できそうです。

それはさておき、ちょっと恥ずかしい場面を見られてしまったのですね。

しかし、だからといって家に入れてくれないというのは、やや過剰反応のような気もします。

彼氏であれば、彼女の新しい一面を知って、むしろほほ笑ましく見守るといった寛容さが欲しいかもしれませんね。

さて、「どうすれば許してくれるでしょうか?」とのことですが、マイナビニュースの読者からの回答を見てみましょう。

■時間がたてば許してくれると思いますよ(kazさん)■かわいいと思いますけど。

そのうち彼も許してくれますよ(cloverさん)焦らずとも、やがて時間が解決してくれるはず、というご意見ですね。

発端はささいなことですので、距離を置いて事態が沈静化するのを待つというのは手かもしれません。

次の方々も、同様の見解です。

■時間が解決してくれるはずです。

お互いかわいがっているならなおさら……(Kさん)■インコと仲良しになれば良いと思います。

そうすれば許してくれるかもしれません(とんたさん)くだんのオカメインコが仲を取り持ってくれるのでは、ということでしょうか。

芸達者なインコのようですから、ふたりの仲が気まずいのを察して、彼にこんこんと諭してくれる……というのはやはり期待し過ぎですよね(笑)。

■指揮者になりきれる行動も、かわいらしいと思いますが……。

彼氏さんも落ち着いたら許してくれるといいですね。

指揮者になりきるのを、ふたりで共通のブームにしてみてはどうでしょうか。

「一回やってみてよ、楽しいから」とすすめてみるとか(hataneさん)こちらはむしろ、今回の騒動の原因を逆手に取って、より積極的にアピールしていく、という方法ですね。

案外、彼もインコの歌声に合わせて指揮をすることの楽しさに目覚めるときが来るかもしれません。

次は、彼との関係性に言及された総括的なアドバイスです。

このTAKA氏さんのご意見で、すべてが言い尽くされている気がします。

■素晴らしいコラボレーションですね。

私から見れば、許しを乞うような出来事ではないようにも思えます。

その風景を想像したら、思わず笑ってしまいましたが、彼にとっては衝撃的な光景だったのでしょうね。

一向に機嫌が直らないのならば、別れを検討するか、彼に黙って趣味を続けるか、彼を説得して素晴らしさを伝えるか、次の行動に移ってください(TAKA氏さん)最後に、個人的な回想を少し。

以前、友人が会社での深夜残業に飽きて、社内でひとりきりなのをいいことにガンズ&ローゼズをフルボリュームで鳴らしながら踊り狂っていたことがありました。

そこに、運悪く上司が帰社。

ひとしきり叱責(しっせき)され、それからしばらくは、宴席での隠し芸として必ずそのパフォーマンスを披露させられるはめとなりました。

ちなみに、彼に付いたあだ名は、ガンズ&ローゼズのボーカルの名にちなんで“アクセル”。

彼の体形が少し、小太りだったのは残念でしたが(笑)。

しかし彼にとっては、かえって宴会での持ち芸が増えて、会社員人生としてはメリットの方が多かったくらいでした。

相談者さんも、この体験がポジティブな方向に向かうといいですね。