夢の「厚焼きホットケーキ」をつくってみよう

写真拡大

巷ではパンケーキ&ホットケーキブームが巻き起こっている。

専門店も多数登場しているが、ミックス粉が販売されているので家庭でつくる人も多いだろう。

今回は、ちょっと手間をかける「厚焼きホットケーキ」づくりに挑戦。

ちょっぴりノスタルジックな雰囲気の厚焼きホットケーキで素敵なティータイムを!まずは、型づくりから。

1000mlの牛乳パックを使えば簡単につくることができる。

牛乳パックの側面4面をハサミで切り分け、さらに半分の高さになるようカットする。

それをくるりと円形にして、上辺と下辺あたりをステープラーで止める。

これで完成。

1個の牛乳パックで8個の型がとれることになる。

型の内側には油引き器などで薄く油を塗り、同じ高さにカットしたオーブンシートを貼り付ける。

この中に生地を流し込むのだが、オーブンシートを貼り付けておかないと、型から生地を抜く際に苦労するので、このひと手間を惜しまないように。

さて、ここからは生地づくりに取り掛かっていこう。

材料(2人分・4個分)ホットケーキミックス 200g / 卵 1個 / 牛乳 150cc / メープルシロップ 適量 / 油 少量つくり方1.ボウルに卵と牛乳を入れ、泡立て器でしっかりと混ぜる。

2.1にホットケーキミックスを入れ、ヘラで切るように混ぜ合わせる。

決して、泡立て器でグルグルーと混ぜないこと。

白い粉が残っていなければ、多少ダマが残っていても気にしない。

ここがふんわり食感に仕上げるポイントとなる。

3.フライパンを火にかけて油を引き、一旦濡れ布巾の上にフライパンを置く。

ここに型を並べ、中に2の生地を流し込む。

焼いているうちに膨らんでくるので、半分より少し上くらいの高さまで流し込むのがコツ。

型の下から生地が流れ出さないよう、型を手で押さえながら作業を進めよう。

4.弱火で焼いていき、生地が膨らんで表面が乾いてきたらひっくり返す。

爪楊枝や竹串をさして、抜いたときに生地が付いてこなければ火を止める。

型から抜き、オーブンシートを取り除いて皿に盛る。

好みでメープルシロップなどをかけて完成。