最終18番セカンド ここでバーディなら予選通過だったが…(撮影:ALBA)

写真拡大

<プエルトリコ・オープン 2日目◇8日◇トランプ・インターナショナルゴルフクラブ(7,569ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「プエルトリコ・オープン」の2日目。ウェイティングから出場権をつかんだ今田竜二は1つスコアを伸ばしトータル2アンダーとしたが、78位タイで予選通過はならなかった。
遼、31位タイで今季2度目予選通過も不満気「優勝争い目指したい」
 1アンダー64位タイからスタートした今田はOUTの前半こそスコアを伸ばせなかったものの、後半12番、14番とバーディを奪い予選通過圏内に浮上してみせる。しかし、17番でセカンドショットがバンカーに捕まりライは目玉。このホールボギーとすると、最終18番の約2メートルのバーディパットも決まらず予選通過ラインにあと1打及ばなかった。
 たらればを言えばキリがないが、悔しい上がりだった。最終18番のバーディパットは自信を持ってスライスラインと読んだが、ボールはそのまま左に抜けて入らず。「どう見てもスライスと思ったのが、真っ直ぐいったりというのが多かったですね。最後も練習ラウンドできていれば、真っ直ぐ打ったかもしれないけど。まぁ言い訳にしかならないけど」。
 今大会出場決定の一報を聞いたのは大会前日。そこから大急ぎでプエルトリコ入りして、練習ラウンドなしで強行出場したが、練習ラウンドなしのツケが最後に回ってきた形だ。
 次週は自宅のあるタンパで開催される「タンパベイ選手権」のマンデートーナメントから本戦出場を目指すつもりだが、その後の予定は未定。「Web.comツアーに何試合か出て、あとは順番待ちですね」。今はチャンスを待ちつつ自分のゴルフに磨きをかけていくしかない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>