エビバーガーのパティ「ロッテリアのエビカツ」がテイクアウト専用で登場

写真拡大

ロッテリアは16日、「エビバーガー」のパティをテイクアウト専用の”お惣菜”メニュー「ロッテリアのエビカツ」として販売する。

同商品は、1977年に同社が開発した人気商品「エビバーガー」のパティを、テイクアウト専用の”お惣菜”メニューとして販売するもの。

エビ本来の食感を最大に引き立たせるため、衣には自家製パン粉を使用し、衣のサクサク感とエビのプリプリ感を両立させたという。

毎日の食卓のおかずとして活用できるほか、同商品を使用した「エビカツ丼」、「エビカツカレー」、「エビカツサラダ」など多様なメニューへのアレンジも手軽にでき、弁当や夕食の1品としてさまざまなシーンで利用できるとしている。

また3月下旬からは、同社公式Webページでも同商品を使用した独自のアレンジレシピを順次公開していく予定となっている。

価格は5枚セットで600円。