あなたの食べ方、ドン引きされてない!? モテる『食べ方』とは

写真拡大

ほとんどのカップルが、交際が成立する前に一度は食事デートを経験しているはず。

しかし、その場では盛り上がっていたけれど、なぜか彼からの連絡が来なくなってしまったという人もいるようです。

「話題の選び方が悪かったのか」「それとも、テーブルマナーで失敗したのか」などと、いろいろと悩んでしまう女性もいるかもしれませんが、もしかしたらあなたは『食べ方』で損をしているのかも。

『モテる女性の食べ方』をマスターして、彼との交際をより実りあるものに発展させてみましょう。

■食べることに集中しすぎると、会話が弾みませんとっておきのレストランで彼とのデート。

粗相をしてはいけない、嫌われたくないと思うあまりに、食べることに集中してしまう女性がいます。

黙々と、ただ食べ物を口に運ぶだけの食事デートは味気ないもの。

男性もひたすら食べているだけの女性よりは、食べながら楽しい会話をしてくれる女性のほうが、一緒にいて気分が盛り上がるでしょう。

食事中に無口になりがちな女性は、勇気を振り絞って彼に話題を提供してみましょう。

どんなことでも構いません。

料理をきっかけに「普段は料理をするんですか」「好きな食べ物ってありますか」と聞いてみてもいいでしょうし、「いつもこういうお店に来るんですか」と、彼のレストランの好みをチェックしてみるのもいいですね。

共通の友人などがいれば、その人との笑えるエピソードや、思い出話などをしてみるのも効果的です。

ただし、悪口などは避けましょう。

悪口を言う女性を見ると「この人と付き合うと、自分もいざという時にこんなふうに陰口をたたかれるのでは」と男性は考えてしまうでしょう。

■口に入れた次の瞬間、彼の気持ちを浮き立たせるような感想を言ってみよう食事をする時には、なるべく笑顔でいることも大事です。

無表情でモグモグしている女性よりも、スプーンやフォークを口に入れた瞬間、ニコッと笑ってくれる女性の方が魅力的でしょう。

そしてプラスしておきたいのが、口に入れた瞬間の言葉です。

「うわぁ、おいしい」と言うのもいいですが、どの料理にも同じ「おいしい」という感想だけでは、ちょっと彼も物足りなく思ってしまうかも。

もちろん、うんちくは必要ありません。

「このサラダのドレッシング、最高ですね。

家でも作ってみたいな」などと家でも料理をするアピールをしてみたり、「このお肉、もっと食べたいくらいです」なんて無邪気に食いしん坊アピールをしてみたりするのも盛り上がるでしょう。

■会計では、お互いの価値観の違いをすり合わせよう楽しい食事を終えた後には、スマートに会計を済ませたいもの。

初デートの場合には、女性自身も財布を出して「お会計はいくらですか」と聞きましょう。

「男性がおごって当然」という女性もいますが、そう思わない男性もいます。

もちろん、女性でもおごられたくないという人がいますし、反対に男性でも女性と割り勘にするなんて男がすたると思っている人もいますから、ここではその価値観が合うかを見極めたいところです。

とはいえ、最初の食事デートで「じゃあ、お会計はヨロシク」なんていなくなってしまう女性は、明らかにずうずうしいです。

初回なら男性も許してくれるかもしれませんが、毎回そのような態度だと、礼儀を知らない人だと思われて男の人はあなたの前から去っていくかもしれません。

もしも彼がおごってくれるという場合には、お礼をちゃんと言いましょう。

店を出る時に彼に「ごちそうさまでした」と言うことで、彼に礼儀正しさをアピールします。

さらに、家に帰ってから「今日はありがとうございました」とメールも送っておきましょう。