イライラが止まらない時の解消法

写真拡大

普段と何も変わらないはずなのに、妙にイライラが止まらなくなるような経験をしたことがある方も多いのでは。

こういったときは、ささいなことでも普段以上に気持ちが落ち着かなくなってしまうもの。

今回は、イライラして何もかもうまくいかない時に気持ちを和らげる方法や、日ごろからイライラしないようにするための方法をご紹介します。

■イライラの意味から原因を探るイライラを漢字で書くと「苛苛」です。

「苛立つ」と同じように使われ、自分の思い通りに物事がいかない時や、不快なことがあったとき、神経が高ぶり落ち着きがなくなっている状態のことをいいます。

これを判断しているのは自分の脳。

自分がイライラを感じる状況に直面するとストレスとなり、脳がその状況をなんとかしたいと信号を出します。

その信号が止まらなければ、不安定な精神状態となり、イライラがおさまらない状況が続いてしまうのです。

この状況をできるだけ回避するためには、日ごろからストレスをためないようにすることが大切です。

ささいなことで不快にならないように、ピリピリとした気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

普段からプラス思考で、もし何かがあってもすぐに気持ちを切りかえるようにすれば、イライラの頻度はかなり減ってくると思われます。

Yahoo!辞書 いらいらの意味とは■ブドウ糖で脳に栄養をブドウ糖は脳が活動するための栄養素で、これが不足すると疲れやすくなったり、集中力が低下したりと、イライラの原因にもなります。

ダイエットをすると、イライラを感じやすくなるのもこのためです。

イライラがひどくならないうちに、ブドウ糖を摂取しましょう。

ブドウ糖はドラッグストアなどで購入することができます。

安部製菓 ブドウ糖の働き■セロリがストレス解消に効く甘いものをなるべく控えたいという方は、セロリなどの野菜もオススメ。

セロリの持つ香りと苦みには「アビオイル」といわれる成分が含まれており、精神を安定させたり、頭痛を抑える効果があると言われています。

リラックスしたい場合にはぜひ料理に取り入れてみましょう。

■自分なりのストレス解消法をみつけておくイライラの解消法は実にさまざまです。

すべての方法が自分に適しているとは限らないため、いろいろ試して一番良い方法を見つけるのがよいでしょう。

外に出て、空気がきれいな場所で思いっきり深呼吸をするのもよし、大声で叫ぶもよし、お酒を飲んで嫌なことを忘れるもよしです。

気持ちを早く切りかえることが大事ですから、別の何かに集中することができれば、イライラも次第に解消されていくでしょう。