「初音ミク」「BOØWY」カラオケルームを限定オープン! -ビッグエコー

写真拡大

第一興商が展開するカラオケルーム、ビッグエコーは7日から5月31日まで、セガが発売するPlayStation3向けゲームソフト「初音ミク-Project DIVA- F」とのコラボレーションルームを東京都千代田区の秋葉原駅前店と同豊島区の池袋西口店に、また9日から7月7日まで、伝説のロックバンドBOØWYとのコラボレーションルームを同千代田区の有楽町店に設ける。

セガが7日に発売したPlayStation3向けリズムアクションゲームソフト「初音ミク-Project DIVA- F」を記念して設けられるコラボレーションルームは、同ソフトに収録される楽曲「千本桜」をテーマにしたルームデザインとなる。

また、モニターTVのカラオケ待機画面も同ソフトの特別仕様にし、独創的な「初音ミク」の世界を隅々にまで散りばめたという。

両店舗のフロントでは、「一斗まる」描き下ろしの初音ミク等身大パネルが来店客を迎える。

また、コラボルームの利用客にはオリジナルクリアファイルを1組に1枚進呈する。

さらに、同ソフト内に収録されている楽曲「千本桜」、「東京テディベア」、「ODDS&ENDS」をコンセプトに創作したオリジナルのコラボドリンクを注文すると、オリジナルコースターを入手できる。

コースターのデザインは全4種類。

両店共通2種類、店舗店限定各1種類を用意し、店舗側の選択で配布される。

「ビッグエコー秋葉原駅前店」の所在地は、東京都千代田区神田佐久間町1-16ダイニングスクエア秋葉原6階から9階。

「初音ミク」等身大フィギュアが7日から4月25日まで展示される「ビッグエコー25池袋西口店」の所在地は、東京都豊島区西池袋1-21-1YKDビル。

いずれの店舗も「初音ミク」に因んで39号室がコラボルームとなる。

1982年のレコードデビューから昨年で30周年を迎えたBOØWYの歴史を、次の世代に伝えるべく設けられるコラボレーションルームは、同バンドの世界をイメージしたルームデザインとなる。

同店の通信カラオケシステムの「LIVE DAMシリーズ」と「Premier DAM」では、未発表だった武道館ライブ「GIGS at BUDOKAN BEAT EMOTION ROCK'N ROLL CIRCUS TOUR」の映像・音源を含め、同バンドのカラオケ楽曲を、映像に収録された歌声を”そのまま”聴くことができる「まま音」と「本人出演映像」で1月より順次配信している。

特別な空間で貴重映像と一緒に熱唱しながら、伝説のライブの興奮をよみがえらせることができるという。

また、期間中は店頭の看板がバンド名の象徴でもある「Ø」をなぞらえ「BIG ECHØ」となる。

「ビッグエコー有楽町店」の所在地は東京都千代田区有楽町1-6-5マイアミ日比谷ビル。