東京都・新宿で”東北の桜”が満開に! ルミネ「Sakura Project2」3/21から

写真拡大

ルミネは新宿店ほかルミネ各館にて、3月21日〜24日に「『〜咲かせよう、希望のさくら〜』Sakura Project2』を開催する。

同イベントは2012年有楽町店にて開催した、47都道府県の「桜」を一本の「桜の木」に仕立て満開に咲かせた「Sakura Project」の第2弾。

2012年に続いて、今回もプラントハンターの西畠清順氏がデザイン。

桜は、東北3県(岩手・宮城・福島)で東日本大震災以降も咲き続ける貴重な木々を、地元の人々の好意により取り寄せた。

桜は全長約7mに及ぶ「桜道(さくらみち)」となり、3月21日に新宿店で満開に咲き誇る。

その他各館(藤沢店・川越店・渋谷店・品川店を除く)インフォメーションカウンターでも、東北3県(岩手・宮城・福島)の桜の展示が行われる。

また、期間中はルミネ各館のインフォメーションカウンター(藤沢店・川越店・渋谷店・品川店を除く)にカプセルトイを設置。

100円の寄附ごとに、ロンドンで始まった震災復興支援活動「サクラフロントプロジェクト」製作の「さくらブローチ」を1個プレゼントする。

有楽町店ルミネ「ザ・スタディルームコレクション」では、アメリカのデザイナー スティーブ・キング氏が“日本の桜”をイメージして製作した「誓いのさくら」シリーズを数量限定で販売する。

価格は9,240円。

同商品の売り上げの一部は、東日本大震災の被災地支援に使われる。

また、ルミネ町田では期間中、「募金箱」に募金した人を対象に、貼るだけで気軽にネイルアートができる「桜のネイルシール」を、先着2,500名に無料で配布する。