子育てで気になるのは「生活音」 部屋は「1階」が必須条件!?

写真拡大

アパートやマンションのような集合住宅で気になる「生活音」。

特に子育て世代の場合は、何気ない子どもの声や動き回る音が、思った以上に階下や隣家に響くため、かなり気をつかいながらの生活になりがちです。

入居時に住む階を選べたらいいのですが、なかなかそううまくはいかないのが正直なところ。

そこで、「実際のところ、居住階はどこまで気にしているのか?」、アンケートの結果をみてみましょう。

■1階神話はほんとなの? 実は……子育て世代のマイナビニュース会員359名の方に、今お住まいの階についてお聞きしました。

Q.現在お住まいの階は何階ですか?今回のアンケートでは、2階が45人で一番多く、二番目には5階の40人、3番目に1階の35人となりました。

<その階を選んだ理由は?>・1階/そこしか空いていなかった。

(女性/34歳)・1階/いざとなったら、すぐに窓から逃げ出せるので。

(女性/32歳)・2階/1階はベランダに洗濯物を干すのが嫌なので。

(女性/28歳)・5階/採光の良さと眺めの良さ。

(女性/38歳)現在1階にお住まいの方で、明確な理由があってという意図的なものより偶然1階だったという回答が多くみられました。

■ここがいい! でもここはちょっと…… 1階のメリット・デメリットたまたまそこが空いてた……なんて理由であっても、やはり生活音を気にしなくていい暮らしは、ストレスがなく魅力的なもの。

1階に住むことには、ほかにもメリットがいろいろとありそうですが、実際はどうなのでしょうか?<1階のメリットとは>・そこしか空いていなかったこと、他の階に比べて5000円も家賃が下がること(女性/34歳)・下に迷惑をかけない(男性/41歳)・一階は出入りが楽。

子どもがいると荷物が増えるのでたすかっている(男性/38歳)<1階のデメリットとは>・治安の問題(女性/31歳)・1階だと物騒なのと、旦那が家を探す際に浸水しないかしきりに気にしていたので(女性/30歳)■一長一短はあるけれど…… 割り切って住んでしまおう!集合住宅だと、やはり一長一短があるのは仕方のないこと。

確かに生活音に気をつかわなくてすむ生活は憧れですが、子育て期間もよくよく考えてみると期間限定のものです。

小学校に上がってからは、子どもたちの活動範囲も少しずつ広がり、家にいる時間にも変化が出てくるでしょう。

まずは、程よい距離感のご近所づきあいが大切。

お互いのプライバシーを尊重しながら、「お互いさまよね」と言い合える関係が築ければベストなのかもしれませんね。

【アンケート対象】調査時期: 2013年1月11日〜30日調査対象 : マイナビニュース会員調査数 : 男性179名 女性180名調査方法 : インターネットログイン式アンケート