金本兄貴の味が阪神甲子園球場に戻ってきた!? スタミナハラミ丼が復活

写真拡大

阪神甲子園球場は3月5日、元阪神タイガースで現在野球評論家の金本知憲氏とのコラボレーションメニュー「金本兄貴のスタミナハラミ丼」を、2013年オープン戦以降も引き続き販売することを発表した。

「金本兄貴のスタミナハラミ丼」は阪神甲子園球場でしか味わうことができないオリジナルメニューとして、2008年に販売開始。

2012年に金本氏が引退することを機に販売を終了したが、復活を望む声が多数寄せられたため、2013年も継続して販売することになったという。

同商品は、金本知憲氏が学生時代によく食べたという丼を忠実に再現したハラミ丼。

ご飯の上に辛子明太子、のりを乗せ、特製のタレで味付けしたハラミ肉とナムル・キムチを盛りつけた。

また、卵焼きには金本知憲氏の愛称である「金本兄貴 6」という焼き印が入っている。

販売は3月6日から、同球場内野3Fと外野2F「金本兄貴のスタミナハラミ丼」店で販売する。

価格は1,000円。

オープン戦期間中の内野店舗では、3月9日・10日のみ販売。

平日のオープン戦は外野エリアのみでの販売となる。

なお、高校野球大会で販売は行わないとのこと。

また、グリーンシート(上段)チケットに、好きな選手メニュー又は選手弁当1品との引換券が付いた、「プレイヤーズメニューチケット」も発売中。

「金本兄貴のスタミナハラミ丼」のほか、今シーズンから新たに発売する選手メニュー・選手弁当も引き換えの対象となる。

価格は1席6,400円。

詳細は阪神タイガース公式サイトで案内している。