ロッテ、スマホとも連動する”ビックリマン悪魔VS天使シリーズ”新章を発売

写真拡大

ロッテは、おまけシール入りのウェハースチョコ「ビックリマン〈武層動伝〉」を3月26日に発売する。

価格はオープン(想定小売価格84円前後)。

同商品は、1985年に発売されたビックリマン悪魔VS天使シリーズの新章となる。

おまけのシールは、全36種類、悪魔7種、おまもり7種、天使7種、ヘッド3種。

それに加え、今シリーズから新たに「相対性シール」が6キャラクター、全12種入っている。

相対性シールは、イラスト入りの台紙に背景が透明なシールが貼られていて、悪魔寄り、天使寄りのどちらにも自分で張り替えられるという。

また、パッケージと一部のシールは、スマートフォン用AR(拡張現実)アプリ「mue Alive」と連動。

アプリを立ち上げて、パッケージを読み取ると、画面に同商品のキャラクター「スーパーゼウス」が登場する。

さらに、シールを読み取ると、画面にシールのキャラクターが登場し、ストーリーに関する情報を得ることができるとのこと。