楽天カード、会員向けに”ネット決済専用プリペイドカード”発売

写真拡大

楽天グループの楽天カードは7日、MasterCard加盟店で利用可能なインターネット決済専用プリペイドカード「楽天バーチャルプリペイドカード」の販売を開始した。

「楽天バーチャルプリペイドカード」とは、インターネットでの買い物などに利用できる楽天カード会員向けに提供するインターネット専用のプリペイドカード。

「楽天バーチャルプリペイドカード」は、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」から購入でき、カード番号と有効期限、セキュリティコードを取得することでインターネットでの買い物などに利用可能。

購入可能なカード券種は、500円、1000円、3000円、5000円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円の9種類がある。

楽天カード保有者であればMasterCard、JCB、Visaなどのクレジットカードブランドに関わらず購入可能。

さらに「楽天e-NAVI」にてプリペイドカードの利用状況を簡単に閲覧・管理することも可能。

同サービスを提供することにより、海外サイトや初めて利用するサイトで自分のカード番号や名前を入力することなく安心してクレジットカード決済ができる。

また、プリペイドカードのため購入時に利用金額が決まっており、ゲームサイトなどでの使いすぎを防ぐことができ、毎月の支払管理が可能となるという。

楽天カードは、インターネットでの買い物との親和性の高い楽天カードのサービスの付加価値を高めるだけでなく、新規会員の獲得や既存会員の利用頻度拡大、さらには楽天カード加盟店への集客向上を目指すという。

楽天カードでは、今後もさまざまな機能やサービスを付加していくことで会員の利便性向上に努めていくとしている。