本日3月8日は「ハチ公」の命日--”ハチ公の銅像”はいくらでしょうか?

写真拡大

本日3月8日は「ハチ公」の命日です。

そして今年は、”ハチ公生誕90周年”の節目の年に当たります。

もう亡くなってしまったご主人の帰宅を、渋谷駅で健気に待ち続けた秋田犬・ハチ公の話は誰でも知っていますね。

現在、渋谷駅前のハチ公の銅像は、渋谷のランドマークになっています。

さて、この銅像。

おいくらなのでしょうか。

「いくらでもいいでしょう」とハチ公に怒られるかもしれませんが、調べてみました。

渋谷のハチ公像は二代目です。

初代のハチ公像は1934年(昭和9年)に建てられました。

しかし、第二次世界大戦で金属が不足すると、ハチ公像は撤去、接収されてしまいます。

現在のハチ公像が再建されたのは1948年(昭和23年)のことでした。

渋谷区に確認をしてみましたが、この銅像がいくらだったのかの資料はない、とのこと。

ちなみにハチ公像の「所有」は渋谷区ですが、「管理」は忠犬ハチ公銅像維持会が行っているのだそうです。

ハチ公の銅像が秋田県大館市にもあるのをご存じでしょうか。

同市は「ハチ公生誕の地」としての活動を行っています。

大館駅前にもハチ公がかわいらしくちょこんと座っているのです。

実はこちらの銅像も二代目です。

初代のハチ公像は、渋谷と同じ型を使って製作されたものでした。

しかし、同様に第二次大戦中の金属供出で接収されます。

現在のハチ公像が再建されたのは1987年(昭和62年)のことです。

この大館市の二代目ハチ公像は、渋谷のハチ公像と違って、両耳がピンと立っているのが特徴です。

渋谷のハチ公像の価格が分からないので、秋田県大館市の商工観光課に連絡して、大館市のハチ公像のお値段を聞いたところ、大発見がありました。

大館市 産業部 商工観光課の齋藤隆さんが『ハチ公文献集』(奥付によれば1991年4月8日発行)という非売品の資料を発見してくださいました! これは400ページもの大部で、これに渋谷の初代ハチ公像の価格が掲載されていました!齋藤さんに発見いただいたこの資料では「忠犬ハチ公の銅像の収支報告」が記載されています。

それによると、この銅像を建てるのに全国から集まった寄付金などの合計が「合計金壱千八百六拾四円弐拾参銭也」となっています。

分かりやすく書くと1,864円23銭です。

支出の部から銅像の直接費を見ると、一金四百弐拾円也 銅像鋳造費一金三百九拾五円八拾銭也 銅像台石代となっています。

合計して分かりやすく書くと815円80銭です。

収支報告書からは、一金拾七円○五銭也 銅像台石据付人夫賃などのほかの出費も上記の寄付金合計から賄われたことが分かります。

ちなみに、渋谷にこの初代ハチ公像ができて(前述のとおり昭和9年)、除幕式が行われたときにはハチ公はまだ生きていました。

つまり銅像とハチ公が一緒に見られたわけです。

このころハチ公の人気は絶頂で、「連日ハチへの食物持参人があり、詩や歌や俳句を寄せて讃える人、自動車で銅像とハチを見に来る人と、東京新名所となってしまった」と『ハチ公文献集』に当時の様子が引用されています(同書259ページ)。

直接費の815円80銭は今の貨幣価値にすると、1円=2,413円換算で約196万8,525円になります。

ですからざっくり200万円ぐらいと考えて間違いないでしょう。

(※ この計算は公務員の初任給が昭和元年に75円で、それを現在の公務員の初任給18万1,000円と比較して算出しました)残念なことに渋谷の二代目ハチ公像と、大館の初代、二代目のハチ公像がいくらだったのかのデータはありませんでした。

ただし、大館の二代目ハチ公像については『Dog』2005年2月号の中に「計二三〇万一四一円の募金が集まり、再建費用の一部に充てられた」という記載があります。