味噌や粕の漬け魚シリーズを拡充--ニッスイ系通販サイト「彩り百鮮」

写真拡大

日本水産のグループ企業である山津冷蔵食品が運営するこだわりの海の幸の通販サイト「にっぽん海鮮市場 彩り百鮮」では、かねてより人気商品だった「漬け魚」シリーズの魅力強化に乗り出した。

同シリーズでは塩麹干し・味噌漬け・粕漬けなど、バラエティー豊かに話題の発酵食品を揃えてきたが、先月注文受付分から内容量を1切れ80gから100gとボリュームアップで価格は据え置き。

さらに新しく「カナダ産からすがれい」と「ノルウェー産アトランティックサーモン」も仲間入りし、それぞれを味噌漬けと粕漬けにして「コシヒカリ味噌のからすがれいみそ漬け」(550円)など計4商品を追加投入した。

同シリーズでの取り扱い種類が全部で20種となった。

さらに、「ホワイトえび」(2,980円)や「新潟銘菓 笹団子」(1,370円)、「生ずわいがに棒ポーション(15本)」(4,800円)、「ボイルずわいがにほぐし身」(1,980円)も加わった。

同サイトでは今後もより充実した商品ラインナップを図る予定。

漬け魚シリーズに並ぶ人気の「パスタソース」と「炊き込みご飯の素」については、新商品の追加も決定し、これまで1食1000円後の高単価路線の商品ラインナップだったが、 リーズナブルプライスバージョンも取り揃える予定だ。

オリジナル「パスタソース」の頒布会も検討している。