米上院の軍事委員長が引退の意向

ざっくり言うと

  • 米民主党のカール・レビン上院軍事委員長が2014年中間選挙に出馬しない意向を表明
  • レビン氏は沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題や自動車関連の通商政策に関わる
  • 米国の対日政策に大きな影響力を持つ人物

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング