最終18番ではガッツポーズでバーディ締め(撮影:福田文平)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 初日◇8日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,435ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー初戦「ダイキンオーキッドレディス」が開幕。今季の活躍が期待されている美脚プロ、木戸愛は5バーディ・1ボギーの68でラウンド。首位と2打差の4位タイと上々の位置につけた。
木戸愛、開幕を前に「ドキドキ、ワクワク!」

 木戸は出だしの1番で3パットのボギーを叩くも、「すぐ切り替えられました」とそれを引きずらず4番パー5でバーディを奪取。7番パー5でもスコアを伸ばし、1アンダーで折り返す。後半は11番パー5でバーディが先行。15番でもスコアを伸ばし、最終18番ではピン奥4メートルのパットを入れてガッツポーズでバーディ締め。4つのパー5できっちりバーディを奪い、好スタートを切った。
 「いい集中力で最後までできました」とこの日のラウンドを振り返った木戸。「オフにやってきたことが、結果になりました。すごく嬉しいですし、自信になります」と笑顔が弾けた。トレーニングの効果で飛距離もアップ、ショットも安定し「技術、メンタル面共にいい状態です」とこの日は満点に近い出来。残り2日間も「今日の続きをやりたい」と好調を維持し、上位フィニッシュを目指す。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
木戸愛がポルシェと契約、あのライン読みは“カイエンポーズ”に?
「いい刺激になりました」ゼンリントークショーに木戸愛が登場
ダンロップブースに吉田弓美子、木戸愛
木戸愛、オフに単独アメリカ武者修行
木戸愛のフォトギャラリー