実物大「黄金の左足」

写真拡大

田中貴金属ジュエリーが運営する「GINZA TANAKA」(ギンザタナカ)は2013年3月7日、サッカーで活躍するメッシ選手の利き足である左足を純金で製作した「ザ・ゴールデンフット」を、1個限定で発売した。価格は、4億8650万円。

「指紋や血管までもが確認できる」

2012年は91ゴールを達成し、史上初となる4年連続バロンドール賞を受賞したメッシ選手。今回、数多くのゴールを演出した利き足である「黄金の左足」を、文字通り純金で再現。本人の左足から原型を取り、足首から下を純金約25キロで製作した。「指紋や血管までもが確認できる」ほどの緻密さを誇る。本体サイズは、約高さ25×幅28×奥行き16センチ。レオ・メッシ財団による証明書とジュラルミンケースが付いている。

また、メッシ選手の左足の足型を純金約300グラムのプレートに取った「ザ・ゴールデンフット・プレート」(875万円)が50個限定で、「ザ・ゴールデンフット」を2分の1サイズにしたミニチュア版「ザ・ゴールデンフット・ミニ」(389万円、純金約100グラム)が100個限定で、あわせて販売されている。

3種とも、6月6日までの期間限定。