17年ぶりにドラマ化決定!『イタズラなKiss』製作&キャスティング発表

集英社発行の『別冊マーガレット』で1990年から99年に連載され大人気となった、少女漫画『イタズラなKiss』。

原作は海外でも出版され、累計発行部数約3,000万部を超える大ヒット漫画でありながら、作者が連載途中で急逝したため未完となっている作品。

【関連:『リアル鬼ごっこ』連続TVドラマ化決定!主演は連ドラ初単独主演の本郷奏多】
 
その『イタズラなKiss』がテレビドラマ化されることが決定した。
ドラマ化はこれまでに1996年に日本、2005年には台湾、2010年には韓国でされており、日本では今回17年ぶり。

『イタズラなKiss』はIQ200の天才イケメン・入江直樹に恋をした女子高生・相原琴子の一途な片想いを描いたラブコメディ。

17年ぶり日本で誕生する琴子は、女優の未来穂香が演じる。
ファッション雑誌でモデルを務めるなどルックスだけでなく、2011年数々の賞を総なめにしたドラマ『鈴木先生』で中村加奈役を演じ、その演技力も高く評価されている若手注目株である。

また、本作の魅力として欠かせないのは、少女マンガ史上最強ともいえる入江直樹のツンデレ男子ぶり。
実写化の度、その完璧でツンデレな男“入江直樹”を誰が演じるのかが話題となってきた。まず、初代となる96年版の直樹役は当時若手俳優のトップを走る柏原崇がクールに演じた。2代目となる台湾版は188cmという長身でルックス抜群のジョセフ・チェンが演じ、一気にブレイク。3代目の韓国版はK-POP グループで活躍し、俳優としても韓国版『花より男子』で花沢類を演じたキム・ヒョンジュン。そのツンデレぶりで、人気を不動のものとした。
そして、4代目の直樹は、超ハイスペック俳優の古川雄輝が抜擢。英語がネイティブの帰国子女かつ“ミスター慶応”という、中身も役柄を彷彿させる知的さと、演技力を兼ね備えている。そんな彼が演じる新しい入江直樹に早くも期待が高まっている。

更に、そんな直樹にライバル心を燃やし、琴子に切ない片想いをする池沢金之助こと金ちゃん役には、『海賊戦隊ゴーカイジャー』の山田裕貴が演じる。
クールなゴーカイブルーを演じてきた山田が本作では一転して、明るくコミカルな役どころに挑戦する。彼が話す関西弁にも注目だ。

笑いあり、涙あり、観ると元気になれる片想いのバイブル『イタズラなKis~Love in TOKYO』は3月29日にCS放送『フジテレビTWO』にて毎週金曜深夜24時から放送予定。(全16 話製作予定)。

●OA情報
特番:CS放送 「フジテレビTWO」 3月19日(火)23時30分~
特番:フジテレビ 3 月21 日(木)27時30分~
本編:CS放送 「フジテレビTWO」 3月29日(金)24時00分~

●「イタズラなKiss~Love in TOKYO」
▼Cast
相原琴子:未来穂香/入江直樹:古川雄輝/池沢金之助:山田裕貴
入江紀子:西村知美/入江重樹:芋洗坂係長/相原重雄:田中要次/入江裕樹:相澤侑我

▼Staff
原作:多田かおる「イタズラなKiss」 監督:永田 琴 脚本:三浦有為子 企画:エスピーオー 制作:アットムービー
製作:「イタズラなKiss~Love in TOKYO」製作委員会

イタズラなKiss

(C)「イタズラなKiss~Love in TOKYO」製作委員会