<WGC-キャデラック選手権 初日◇7日◇TPCブルーモンスターatドラール(7,334ヤード・パー72)>
 「WGC-キャデラック選手権」がフロリダ州にあるTPCブルーモンスターatドラールを舞台に開幕した。初日を終えて、今大会6度の優勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)、バッバ・ワトソン(米国)、グレアム・マクドウェル(北アイルランド)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、フレドリック・ヤコブソン(スウェーデン)の5人が6アンダーの首位に並んだ。
石川遼、2アンダー42位タイも「まだまだ挽回できる」プエルトリコOP
 1打差の6位タイにフィル・ミケルソン(米国)、スティーブ・ストリッカー(米国)ら4選手、4アンダーの10位タイグループにキーガン・ブラッドリー(米国)らがつけている。世界ランキング1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)は1オーバーの50位タイと出遅れている。
 同一大会7勝目を目指すウッズは前半を2アンダーで終えると、後半1番、2番と連続バーディ。3番はボギーとしたものの、直後の4番でバーディを取り返すと、7番、8番もバーディを奪ってみせ6アンダーで貫禄の首位タイスタート。9つのバーディを奪って見せ改めて相性の良さを見せ付けた。
 ウッズはこれまでファーマーズ・インシュランスOP、アーノルド・パーマー招待、WGC-ブリヂストン招待の3大会で7勝を達成しているが、今大会が4つ目の7勝大会となるか注目だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>