クロスカンパニー、ギフト向け新ブランド「メゾン ド フルール」秋から出店

写真拡大

 「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」や「E hyphen world gallery (イーハイフンワールドギャラリー)」を手がけるクロスカンパニーが、ギフト提案を目的とした新ブランド「Maison de FLEUR(メゾン ド フルール)」を秋から展開する。クラシックなフレンチテイストを好む女性をメインターゲットに、服飾雑貨やライフスタイル雑貨を販売。主要都市の駅ビルを中心に、2013年度中に2〜3店舗の出店が予定されている。

クロスカンパニーの新雑貨ブランドの画像を拡大

 「Maison de FLEUR」は、「ハッピーバースデー」をコンセプトにフレンチテイストをベースとしたギフトアイテムを扱う新業態。近年は記念日以外にもプレゼントを贈り合う傾向が強まり、ギフトの需要が高まっていることから展開に至ったという。商品は、時計やアクセサリー、鞄といった服飾雑貨をはじめ、靴下、タオル、ルームウェアなどを揃え、また、オリジナルのギフトボックスや数十種類のリボンを用意しカスタマイズが可能なラッピングサービスを提供する。秋には1号店の出店を予定。店舗にはリボン棚やアンティーク調のシャンデリアを設置し、上品かつ洗練されたスタイルを表現する。初年度の売上目標は2.5億円。

 クロスカンパニーでは新たなブランドやショップの立ち上げを進めており、秋を目処にセレクトショップの新業態をスタート予定。青山や代官山といった都内の商業エリアに路面店形式で出店し、店内にはカフェの併設が構想されている。外部から起用したディレクターのもと、高感度なショップを展開する。

■クロスカンパニー
 http://www.crosscompany.co.jp/