家賃交渉は当たり前! 賃貸住宅の賢い借り方とは? - 夫婦で年100万円ためる

写真拡大

新年度を迎えるにあたり、「そろそろ引っ越そうか」と考えている人も多いのではないでしょうか? 今回は「賃貸住宅の賢い借り方」について、不動産コンサルタントの長嶋修さんに聞いてみました。

引っ越しの理由として、「更新料がもったいないから」と考えている人は、更新料の交渉や家賃の交渉を大家にしてみましょう。

大家から見ると、最も困ることは「空室ができること」。

「更新料がもったいないから」という理由だけで何も相談なしに出て行かれるより、更新料や家賃下げに応じて、そのままいてほしいと思っているケースが多数あります。

何回か更新して住み続けていると、周りの相場より割高な家賃になっているケースも多いものです。

周辺相場を調べて「今の相場」に下げてもらうよう交渉するのは、ごく普通のことです。

相場を調べる方法は2つあります。

ひとつ目はネットで調べる方法です。

不動産系サイトで同じような条件(地域や部屋の作り、階設定など)の物件価格を調べましょう。

ここでのポイントは、「サイトに記載されている条件より、数%は値引きして成約されうる」ということです。

例えば、ネット上で8万3,000円の物件があったら、成約時には8万円程度になっていることもあります。

相場を知るためには、サイト記載の家賃より少し値引く必要があります。

2つ目は、近隣の賃貸に強い不動産会社から情報を得る方法です。

賃貸に強い不動産会社の見分け方は、「駅を降りた時に最も目立つところにある」、または「ディスプレイや清掃具合などの様子を観察して、『入りたくなるお店』かどうか」ということです。

不動産会社といえどもお店のひとつ。

飲食店を選ぶような感覚で、「にぎわいそうなお店」は何となく判断できるものです。

いい感じの不動産会社が見つかったら、直接行って話を聞いてみてもいいですし、店の外に貼ってある情報を眺めるでもいいです。

情報収集はこの2つで十分です。

大家も根拠がないと交渉にはなかなか応じづらいものなので、情報収集はしっかりしましょう。

その結果、「相場よりも5,000円高く借りているな」と自分が思っていたら、大家もそう思っている可能性が高いので、話を切り出しやすくなります。

「家賃の値引きを交渉」となると、一般の人にとってはハードルが高いかもしれません。

しかし、大家の立場になってみると、賃貸人が出て行くのが最大のリスクなのです。

まず、部屋を原状回復しないといけませんし、空き家になる期間もあります。

それなら、例えば8万円で貸していた人に、家賃を7万5,000円で続けて借りてもらった方が、よっぽど得です。

つまり、家賃交渉は「賃貸人」「大家」両方にメリットがある話し合いなのです。

このことを知っておけば、家賃交渉の心理的ハードルは低くなりそうです。

周辺相場などの家賃交渉の計算根拠を示し、「これくらいでお願いしたいんですけど……」といった感じに切り出してみましょう。

家賃交渉などと同様に、自分の好きなクロスを選ばせてほしいなど、大家にドンドン交渉してみましょう。

クロスなどはそんなに値の貼るものではありません。

「それで入居してくれるなら喜んで」という大家さんも多いものです。

例えば「レオパレス21」でも普通にやっており、「メゾン青樹」のように、個人の大家がやっている個性派の賃貸もあります。

東京エリアのデザイナーズ賃貸「good room」の物件は、不動産会社を介さず大家が直接募集しているケースも多いです。

壁紙のほか、棚などを付けられる賃貸もあります。

不動産会社に広告料などを支払わない分、入居者に賃料やサービス還元できているとも言えます。