大阪・梅田で、関西の鉄道が一堂に集まる「鉄道甲子園」 -運転席の模型も!

写真拡大

阪神コンテンツリンクと阪神不動産は、4月27日〜5月6日、大阪・梅田のハービスHALLにて「鉄道甲子園2013」を開催する。

同イベントは、未就学から小学校低学年の子どもを持つ家族を対象として、将来の鉄道ファン育成や鉄道文化発展への貢献を目指すイベント。

会場はテーマ別に”体験”、”展示”、”販売”の3エリアで構成され、教育用シミュレーターや運転席模型、方向幕操作体験器、パンタグラフ操作体験器などを出展。

鉄道機器に触れて体験できる。

また、各鉄道会社のプラレール模型がジオラマ上を走行。

オリジナルグッズ等の販売も行われる。

開催場所は大阪府大阪市北区梅田2丁目5-55 ハービスOSAKA B2F。

開催日時は4月27日〜5月6日の9時〜17時。

入場料は大人1,000円(前売り800円)、3歳〜小学生700円(前売り500円)。

前売り券はチケットぴあ、ローソンチケット、イープラス他で販売される。

詳細は「鉄道甲子園2013公式ページ」を参照のこと。