LONGCHAMP(ロンシャン)が2012年の年間売上高を発表し、前年比16%増の4億5,400万ユーロ(約553億8,240万円)を計上した。過去3年間では、75%の成長を達成。2013年は、イギリスへの旗艦店の出店やシューズコレクションの強化などが計画されており、2ケタ成長を見込む。 

ロンシャンが好調の画像を拡大

 LONGCHAMPは2012年、ブティックおよびショップ・イン・ショップを香港をはじめニューヨークやドバイ、ロンドン、サンパウロ、ボゴタなど約100ヶ所に出店。新たにラインナップに加えた「Le Pliage®(ル・プリアージュ®)」のレザーバージョン「Le Pliage ® Cuir(ル・プリアージュ®・キュイール)」が好調で、10ヶ月間でベストセラー商品になった。

 2013年は、現在パリに限定オープンしているプレタポルテ商品の店舗や3月末からの「LM キュイール」専門ショップなどポップアップ・プログラムに取り組んでおり、秋にはイギリスの商業中心地であるリージェントストリートに旗艦店を出店予定。アイテムでは、アイコンバッグ「LM キュイール」を14色展開でバリエーション豊富に打ち出す。

 同社CEOのジャン・キャスグランは過去3年間を振り返り「コレクションだけではなくITや物流といったインフラも成長できた」と発表。2013年は「LMやロゾといったクラシカルなバッグシリーズからモダンにリモデルしたバージョンを発売するほか、アジアなどの重点地域に注力を図る」としている。

■LONGCHAMP
 http://www.longchamp.com/