『猫なんかよんでもこない。その2』

写真拡大

猫と漫画家である主人公との「ほのぼのバトル」は、こんな調子で続く。仕事中の主人公「オレ」が座るイスをめぐり、「ふたり」の間で静かな火花が散る中、猫の寝たふり作戦の前にオレは敗北。油断してトイレに行ったすきにイスの上に陣取られ、仕事ができなくなってしまう――

「心がほっこり、ときどきホロリ」の猫とのふれ合いを描いたヒット作の続編、エッセー漫画『猫なんかよんでもこない。その2』(実業之日本社)が近く発売される。著者で元プロボクサー、杉作さんのサイン会も2013年3月17日、東京で開かれる。

9日から整理券、先着50人

サイン会会場は、江東区青梅のダイバーシティ東京プラザ5階「iine tokyo」で、2部に分けて実施される。定員は先着50人。整理券は3月9日朝10時から、同店で書籍を買った人に配る。

今回の続編「その2」では、「ふたり」の間にちょっとした異変が起きる。「オレ」は、漫画家への転身後に収入も増え、交友の幅も広がる中、「そろそろ彼女をつくって…」と意識し始める。猫のチン子は、そんな「オレ」に嫉妬をむき出しにし、さらに「子猫」の登場で、「ふたり」の関係に新たな展開が……

発売は2013年3月14日から。945円。「iine tokyo」では、9日から先行発売される。