東京都・太田記念美術館で「江戸の女子力」展 -浮世絵を通して紹介

写真拡大

太田記念美術館は4月2日〜21日、「江戸の女子力 -ファッション・メイク・習い事」展を開催する。

近年ファッションや習い事などを通して自分の魅力を磨く「女子力」という言葉があるが、江戸時代の女性たちもまた、女性としての魅力を磨くことに熱心だったという。

同展では、「ファッションを楽しむ」「江戸美人のメイク法」「江戸の習いごと事情」「働く女性たち」のテーマごとに浮世絵を展示。

流行の着こなしやメイクに挑戦し、教養として読書や書道などを嗜み、三味線や踊り、お茶やお花などの稽古事を楽しむ女性たちの姿を、浮世絵を通して紹介する。

開催日時は、4月2日〜21日10時30分〜17時30分(入館は17時まで)。

4月8日、15日は休館。

会場は、太田記念美術館(東京都渋谷区神宮前1-10-10)。

入館料は、一般700円 、大高生500円、中学生以下は無料。

また、4月6日、9日、13日には、同展の担当学芸員によるスライド・トークを開催、同展の見どころを案内する。

各日14時より40分程度。

申し込み不要で、参加無料(要入場券)。