変わらない日々を淡々とおくるサラリーマンの悲哀に胸をつかまれる! シンガーソングライターGotyeのミュージックPV『Easy Way Out』

写真拡大

オーストラリアのシンガーソングライター、Gotye。昨年のサマーソニック出演、そして今年1月に行った初の単独日本ツアーで、彼の名を耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなGotyeの名曲『Easy Way Out』のPVが非常に興味深かったので、みなさんにご紹介しますね。映像は、動画サイト『You Tube』で視聴することができます。

『Easy Way Out』の直訳は、「安易な抜け道」。そのタイトルどおり、動画の主人公は毎日続く同じことの繰り返しのような生活にうんざりしつつも、どこか「これでいいんだ」とあきらめているようにみえます。その悲哀に満ちた日々が、なんだか日本のサラリーマンの姿に重なってみえてしまうのは、きっと私だけではないはず!

「毎日の繰り返しは余りに刺激がなさ過ぎて、何も考えずに惰性で日々を送っている」と歌う、Gotye。

とはいえ心のどこかでは、なにか起きてほしいといつも思っている。だけどやっぱり、現実に何かが起きるわけじゃない。だからGotyeはこう叫ぶのです。「これでいいって思わなきゃ、やってられない!」

「一度芽生えた思いは消えずにしつこくつきまとう。だからくたくたに疲れちゃうんだ。それで最終的には結局、そのことを考えないよう先送りにしてしまうんだよ」……このかんじ、身に覚えがある方もいるのでは?

そんな歌詞の世界観を、ミュージックPVは見事に再現しています。ちなみに映像中、主人公が目覚めてから17秒後に歌が流れ始めるのですが、これは冒頭の歌詞「17秒でそのことは忘れた」というフレーズとリンクしているのだそう。この点にも注目して、動画をご覧になってみてくださいね。

(文=田端あんじ)

参考元:You Tube= gotyemusic


この記事の動画を見る