ナシーム・タレブは、現代もっとも刺激的な作家・学者の一人である。彼の新著“Antifragile”(アンチ・フラジャイル、未邦訳)を読み終えたので、今回はその感想をベースに自由に綴ってみたい。

フラジャイルとは英語で「もろい」とか「壊れやすい」といった意味の単語であるが、ここでは「リスクに対応できない」といった意味に使われている。

タレブはこれにアンチ(=反)をつけて新しい言葉を作った。これは「リスクに対応できる」ということであり、さらにはそれを超えて「適度なリスクと対峙することにより鍛えられ、破滅的な状況を避けられる」という意味となる。

タレブいわく「近代の日本人は時限爆弾の上に座っている」

本書では、我々がアンチ・フラジャイルになることが如何に重要か、どうすればそうなれるか、が説かれている。

この世の中はリスクだらけである。しかしだからといって、常にリスクを避けるように生活していったらいずれ大きな問題を生じる危険が待っている。世界は雑菌だらけだが、かといって正常な人間が無菌室でずっとすごしたら免疫力を失ってしまう。

飛行機は墜落事故で多くの犠牲者を出してきたが、飛ばし続けたおかげで我々はメリットを享受できる。子どもは軽微な怪我をしていくことでリスクについて学ぶ、といったことだ。我々はある程度のリスクに普段から直面することで、アンチ・フラジャイルになるよう学習していくのだ。

これは特に日本人が教訓とすべきことだと思う。タレブはこう書いている。

「アメリカの強みは、試行錯誤をし続ける能力である。それに対し、近代の日本では失敗することは恥とされるのでリスクを隠す。そのため(問題が顕在化せず)結果として時限爆弾の上に座ることになる」(注:筆者による自由訳)

確かに日本社会はある意味、とても親切である。目先のリスクや不便さや恥を一生懸命取り除き、我々の意識から外してくれる。

会社が社員を守ろうとしてリスク対応力を失わせている

日本人は、通常の資本主義の国ではありえないような保護された社会で生活してきた。これは心地よい世界である。

・多くの企業は従業員が可能な限り一生働けるように頑張ってくれる(逆に、アップル社やグーグル社で定年まで働けると思っている人はほとんどいない)・苦境に陥った業界や企業は、可能な限り政府が助けてくれ、負け組が作られないようにしてくれる・銀行が破たんしても、預金は(たとえ預金保険対象外の大口定期預金でも)ほとんどの場合に100%守られてきた。そのため、我々は預金に対するリスクをほぼ意識しなくてすんでいる・武力の行使は永久に放棄しているので、戦争は起きないはず、である・小中学校では飛び級も落第もなく全員が平等に進級する(欧米では「むやみに進級させるよりも学年相応の学力をつけるのが大事」とされる。フランスでは15歳以下の4割が落第している)

若い人が(不平不満を口にしつつも)海外に行きたがらないのももっともだ。しかし、これにより人々の牙を抜き、サバイバル能力を大幅に減衰させていることも事実だ。

「終身雇用」を信じて安穏とした日々を送っているサラリーマンは、いったんリストラを宣告されたら路頭に迷うことになる。会社が社員を守ろうとすることが、かえって社員のリスク対応力を失わせているのだ。

タレブは、そういうサラリーマンが一番フラジャイルだという。

手に職をつけている料理人や大工はアンチ・フラジャイル

逆に、腕一本で仕事をしている料理人や大工などはアンチ・フラジャイルだという。こういう人たちの仕事は景気の変動によって影響を受けるので収入には波があるが、その代わりサラリーマンのようにある日突然リストラに合うこともない。

似たようなことは他の多くの分野に言える。たとえばお金を銀行預金や国債にして預けておくのは一見安全だが、ある日突然大きく減ってしまう恐れがある。一方、企業の株式は価格変動があるものの、その分リスクが目に見えるだけ安心できるともいえる。

タレブは「歴史とは予想を超えた大変革の集積である」と言う。今の時代は過去のどの時代よりも変動が激しい時代である。この時代に「目先を穏便に過ごす」ことを重視する日本の伝統にどっぷりつかっていたら、いずれ痛い目に合うことになるだろう。

アンチ・フラジャイル(壊れやすくない人間)を目指して、貪欲にリスクを取りにいきたいものだ。(小田切尚登)