ローソン、健康を気にする女性向けの弁当「素材のご褒美」シリーズを発売

写真拡大

ローソンは5日から、1食あたり500kcal以下の女性向け弁当「素材のご褒美」シリーズを、ローソン100を除く、全国のローソンとナチュラルローソンの店舗で順次発売する。

同社は2011年3月に冷蔵保管のチルド弁当「ろーそん亭」ブランドを立ち上げた。

15日に同ブランドが2周年を迎えるのに合わせ、同シリーズを発売する。

雑穀米を使用するなどで、1食あたりを500kcal以下に抑え、健康を気にする女性を意識したという。

同社で弁当シリーズにカロリー基準を設けたのは今回が初めてとのこと。

今回発売されるのは全5種。

「とろとろ玉子の親子丼」は、濃厚な玉子と香ばしく焼き上げた鶏肉の親子丼。

五穀米を使用し、418kcalとなる。

価格は428円。

「海老とオクラの銀あんオムライス」は、海老・オクラ・山芋などの食材を使用し、食感と彩りの良さを求めた和風オムライス。

七穀米を使用し407kcalで、価格は450円。

「チキンマサラカレー(小盛)」は、炒め玉葱・トマト・ジューシーチキンを10種類のスパイスで煮込んだ程よい辛さと酸味のカレー。

五穀米使用で309kcal。

価格は398円。

3月12日に発売となる。

「彩り野菜のハンバーグごはん」は、野菜入りハンバーグに、アスパラやかぼちゃなどの野菜を盛り付けた。

トマトソースと後がけのデミグラスソースが特徴。

七穀米を使用し471kcal。

価格は480円となる。

「ネバネバ野菜ごはん(オクラとめかぶ)」は、オクラ・とろろ・めかぶなどのネバネバ食材に、昆布だしで味付けした蒸し鶏と海藻・なめこを加えた。

五穀米使用で268kcal。

価格は398円。

いずれも3月19日に発売となる。