向後の7日株:チャート妙味増!スマホ向け新製品に期待大!技術力に強みを持つ情報・通信株(372X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

ガイアホールディングス (3727)が今日の注目銘柄!

5日に、同社のグループ会社のアプリックスが、スマート家電やスマホ対応機器を実現するソフトを提供開始したことで注目します。アプリックスは、電子機器メーカー向けに、スマホに対応したBluetoothモジュール用のファームウェア「Zeemote STF」のライセンス提供を開始し、400社以上にBluetoothモジュールを提供しているエイディシーテクノロジー社に早速採用されました。

このリリースを受け、6日に、ガイアHD株の出来高は、28.59万株と前日の2.79万株から10.25倍に急増し、株価も前日比65円(18.47%)高の417円と、急騰しました。

同社は、携帯端末向けゲームコンテンツの企画・開発・配信・運営を主とする「コンテンツ・サービス等事業」と、それらのコンテンツを快適に利用するための技術、品質、先進的基盤の提供を主とする「ソフトウェア基盤技術事業」を軸としてグローバル展開しています。

ちなみに、「Zeemote STF」は、既存のBluetoothモジュールに簡単に組み込むことが可能で、無償で配布されているZeemoteSDKを使って簡単にAndroidやiPhone用のアプリケーションを作ることができます。この「ZeemoteSTF」を搭載することによりiPhoneやAndroidのアプリケーションから家電製品、健康機器、おもちゃ、ラジコン、ヘルスケア機器やフィットネス機器など、あらゆる機器をコントロールすることが簡単に出来るようになるということです。

確かに、13年12月期通期連結業績は、売上高は81.82億円(前期比、9.1%増)と増収ながら、営業損失は6.13億円(前期は24.63億円の損失)、経常損失は6.51億円(前期は24.66億円の損失)、当期純損失は7.98億円(前期は33.71億円の損失)の見込みで、損失額が縮小するとはいえ、足元業績は苦戦中です。しかし、この業績悪はすでに株価に織り込み済みで、今後は上述の新製品の需要増加に伴う、業績モメンタムの改善を期待します。

なお、同社は、4月1日に、商号を「アプリックスIPホールディングス株式会社(英文:Aplix IPHoldingsCorporation)」に変更する予定です。

日足チャートをみると、6日の急騰により、劇的にチャート妙味が増しています。
5日移動平均線(6日現在、361円)と25日移動平均線(同、359円)は、ゴールデン・クロスを実現し、200日移動平均線(同、441円)を視野に捉えています。
6日終値は417円で、一目均衡表の雲上限(同、414円)をブレイクし、3役好転を達成しました。

週足では、これまで抵抗となっていた26週移動平均線(同、403円)を上抜きました。目先は、11月9日の週と16日の週の窓埋め(411円―465円)を目指すとみています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。