東京マラソンは今や抽選倍率が10倍を超える人気大会だけに、1度も当選したことがない人もザラにいる。
 
 一方で「7回連続出場」の人も多数いることが判明した。過去の倍率から計算すると、7回連続当選する確率は93万人に1人程度だ。
 
「スタート前に盛り上げ役のMCが『初出場の人は?』とランナーに挙手を求めはじめました。2回目の人、3回目の人と回数が増えるごとに挙手は減っていくのですが、『7回すべてに出場した人』の時にAブロック(最上級者のエリア)でかなりの数の人が手を挙げたんです。挙手したランナーには周囲から冷たい視線が注がれていましたね」(Bブロックのランナー)
 
 市民マラソンに詳しいスポーツライターが語る。
 
「メディアへの露出を目的とした芸能人向けの『マスコミ企画枠』が数十人分、スポンサー枠も各社数十人分あるといわれています。7回連続で出場権を手に入れる人がいても不思議ではありません」
 
 一般抽選とは別に、一流選手用に別枠で募集されるエリート枠(約100人)、10万円以上の寄付で出場権を得られるチャリティ枠(3000人。2011年から)が存在するが、こんな“都市伝説”も。
 
「一度でもチャリティで出場すると、『こいつはどうせ金払ってでも出場するだろう』と思われて必ず落選するという噂を耳にしました。来年以降も寄付での出場を覚悟しています」(3年連続でチャリティ枠で出場したランナー)
 
 東京マラソン財団によると、「エントリーデータは年度ごとに破棄しており、そのような事実はない」という。

※週刊ポスト2013年3月15日号