販売会社別の 毎月分配型ファンド高利回りランキング!

写真拡大

毎月分配型ファンドを買うときの資金は、預貯金の他、退職金や別の投信を解約したお金などが多い。だが、高利回りのファンドを求めてさまざまな金融機関に大金を移動させるのは不安かつ面倒なもの。ATMで振込みをしようと思っても、振込め詐欺防止策として、通常は1日当たりの振込可能額は10万円に抑えられている。そうしたことからも、運用に回す資金はなるべく1つの金融機関で一元管理しておきたいという人のために、金融機関別の毎月分配型ファンド利回りランキングを大公開。

銀行で買える毎月分配型も
証券会社と比べ利回りの遜色なし

 ランキングの結果、大手銀行や地銀、信託銀行でも大手証券会社に遜色なく、人気ファンドや高利回りのファンドを多くラインアップされていることがわかった。高利回りだった海外のリートで運用するファンドや、為替リスクを積極的にとって高利回りを追求するファンドも銀行で購入可能だ。実際、利回り23.2%の「フィデリティ・USリート(為替ヘッジなし)」は多くの銀行で扱っていた。通貨選択型では、みずほ銀行が30%超のファンドを2本扱っている。

 ランキングを見て保有しているファンドの確認や、より高利回りなファンド探しに役立ててほしい。超低金利の預貯金を運用に回したい投資家、窓口で勧められるままに購入したファンドが成績不振で乗り換えを検討している投資家も、すでに口座のある金融機関なら簡単な手続きでOKだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)