マーク・ジェイコブスが映画デビュー 予告映像公開

写真拡大

 米デザイナーMarc Jacobs(マーク・ジェイコブス)が、映画「Disconnect」でスクリーンデビューする。人気ブランド「MARC JACOBS」や「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」を手がける人気ファッションデザイナーだが、俳優として映画に出演するのは初めて。4月中旬のロードショーに先駆けて予告映像が公開された。

マークジェイコブス映画デビューの画像を拡大

 Marc Jacobsの映画出演は2011年秋頃から噂されていたが、今月に入り予告映像が公開されたことで作品の一部が明らかになった。新作映画「Disconnect」はHenry Alex Rubinが監督を務め、Jason Bateman(ジェイソン・ベイトマン)やHope Davis(ホープ・デイヴィス)、Frank Grillo(フランク・グリロ)らが出演。Marc Jacobsは予告映像の後半に、シリアスな表情で登場している。

 ニューヨークを拠点に活動するMarc Jacobsは、"ファッション界のオスカー賞"と称されるCFDA(Councilof Fashion Designers of America)のウィメンズウェア部門における最高賞など数々の栄誉を獲得している著名デザイナー。また、モデルとしてフレグランスのビジュアルやカルチャーマガジンの表紙に登場するなど、多方面で活躍している。最近では、2013年の「Diet Coke(ダイエット・コーク)」クリエイティブ・ディレクターに就任。自ら出演しているデザインボトルのキャンペーンムービーでは、映画とは異なるコミカルなストーリーを展開している。

■MARC JACOBS
 http://www.marcjacobs.com/