目力アップの秘訣は白目にアリ!?


目力には自信があったのに、最近、「疲れてる?」と言われることが多くなった・・・

目の大きさも変わりないはずなのに、確かにちょっと、前とは違う気が。その原因は、実はほかのところにあったのです!





目力のある目は、大きな目のことでも、二重まぶたのパッチリした目のことでもありません。

瞳がキラキラと輝いている目のことなんです。



実は、目力を感じさせる大きなポイントは白目の白さにあるんです。



子供の目と老人の目を見比べればよくわかるはず。若々しい美しい目を強調するのは、白目の力なのです。



また昔から、生気の無い目のことを「死んだ魚のような目」なんて表現することがありましたが、疲れてくると目のまわりの血行が悪くなってどんより曇った目になります。



目のまわりの筋肉は顔のなかでも最も弱いため、目の酷使や睡眠不足などちょっとしたことですぐに血行が滞ってしまうからです。



30歳前後から目もとの老化が始まってくるとも言われていて、そうなるとますます筋力が低下して血行不良に拍車がかかってしまいます。



目力を取り戻すには、第一に目のまわりの血行を高めること、第二に筋力の低下を防ぐことです。

そこで、簡単な目力アップの方法をご紹介します。



■疲れ目などに効く、緊急血行促進方法

温めたタオルと冷やしたタオルを交互に目に当てます。時間は各30秒ずつ。

終わったら、保湿ケアを忘れずに。

外出先などで難しい場合は、手のひらをこすりあわせて熱を発生させ、そのまま手のひらを目に当てて温めるだけでも有効です。



■目のまわりの血流マッサージ方法

お風呂上りなどの筋肉が温まったところで、目のまわりに美容液を施してすべりをよくしてから、温めた指先もしくは美容液を染みこませたスポンジなどを使って軽くマッサージします。

目のまわりにたまった老廃物やリンパ液を流すつもりで行いましょう。

まず、目尻から目の下、目頭を通ってまぶたの上を滑らせ、こめかみから頬のきわへ。

さらにあごの下まで伸ばして終了。

これを何度か繰り返します。



■まゆ毛をほぐしてデトックス

まゆ毛は意外に老廃物がたまりやすいところです。

まゆ頭からまゆ尻まで、親指と人さし指で軽くつまみながら、数回に分けほぐしていきましょう。



■目のまわりの筋力アップ方法。

(1)眼輪筋を鍛えるエクササイズ。

眼のまわりをぐるりと取り巻いているのが眼輪筋で、上下のまぶたの開閉するための筋肉です。

ここを鍛える方法は、目をギュッと閉じてパッと開くだけ。

朝晩2回ずつ行います。

ただし、みけんにシワを寄せないように注意しましょう。



(2)上眼瞼(上まぶた)を鍛えるエクササイズ

加齢により最も影響が出やすいのが上眼瞼です。

ここを鍛える方法は、軽く目を閉じ、まゆ毛を上に持ち上げ、まぶたの皮膚が伸びているのを感じたまま、10秒キープ。

ゆっくり元に戻して終了。

こちらも朝晩、数回繰り返します。



それから、白目をより白く見せるメイクテクニックとして、黒のアイラインをまつ毛の生え際の内側に入れたり、下まぶたのきわに白パールのラインを挿しても白目が際立って若々しい目もとが演出できます。

あわせて試してみてくださいね。



(ビューティ&ダイエット編集部)