徳川15将軍、最も知られていないのは誰?

写真拡大

二百六十余年にわたって長期政権を保った徳川幕府。その歴史のなかで15人が将軍として名を刻んだ。ところで、この15人の名前言えますか? 多くの人がおそらく全員の名前まで言えないのではないでしょうか。ましてや、「何をした人?」と言われて答えられる人なんて、どのくらいいるのでしょうか。ということで、20代の社会人にアンケート。「あなたは、徳川15将軍を知っていますか?」

今回はそれぞれの将軍について「よく知っている」「それなりに知っている」「全く知らない」の選択肢を選んでもらい、その知名度をランキングしました。

徳川15将軍知名度ランキング
1位 知名度91.6% 初代:家康(江戸幕府開府)
2位 知名度83.2% 三代:家光(参勤交代の義務化・鎖国の強化)
3位 知名度81.5% 五代:綱吉(生類憐れみの令)
4位 知名度76.8% 八代:吉宗(享保の改革・質素倹約)
5位 知名度72.9% 十五代:慶喜(江戸幕府最後の将軍)

13位 知名度24.9% 十一代:家斉(寛政の改革)
14位 知名度24.5% 九代:家重(勘定吟味役の充実)
15位 知名度18.1% 十代:家治(田沼時代)
※知名度は「よく知っている」「それなりに知っている」の回答数の合算

ということでもちろん1位は初代、徳川家康でした。以下、家光、綱吉、吉宗と並びます。歴史の教科書などでも大きく取り上げられ、映画やドラマなど作品化も多い将軍たちが上位に並びました。一方、田沼意次の存在感が強く、政治の面であまり目立った活躍ができなかった徳川家治が最下位という結果に。「暴れん坊将軍」で有名な吉宗の孫で、文武に秀で、また将棋が得意だったようです。決して能力に劣るというわけではなさそうですが、他の将軍と比べると存在感が薄いようですね。なお、徳川家の将軍は家康、家光、慶喜意外は東京・芝の増上寺か、同・上野にある寛永寺に祀られているそうです。ちなみに寛永寺では今まで非公開だった「徳川将軍御霊廟」が特別公開(要事前申込み)され、増上寺でも3月9日より公開(要事前申込み)になっているので、3月に入り暖かくなってきたこの季節、お近くの人はお散歩がてら歴史を訪ねて出かけてみては?

文●珍平
調査期間:2013年2月
アンケート対象:マイナビニュース会員
集計対象件数:298件(ウェブログイン式)