【男性編】聴いてみたくなる、変な名前のクラシックランキング


芸術が爆発しすぎたようです





クラシック分野の曲といえば、お堅いイメージがありますよね。しかし調べてみると、人間味が感じられる、ちょっとおもしろいタイトルが続々出てきます。そこで今回は、377名のマイナビニュース会員の男性に、聴いてみたくなる、変な名前のクラシックについて聞いてみました。





Q.聴いてみたくなる、変な名前のクラシックを教えてください(複数回答)

1位 俺の尻をなめろ(モーツァルト) 23.3%

2位 変態×100(木山光) 10.6%

3位 「…と…」のうた(嵐野英彦) 9.6%

3位 神父様、私は病気です(ベートーヴェン) 9.6%

5位 ブルー・アイランド氏は糖尿病(青島広志) 9.3%







■俺の尻をなめろ(モーツァルト)

・「小学校で習っていたら、衝撃だったと思う(笑)」(26歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「モーツアルトとは仲良くできそうだ」(35歳/人材派遣・人材紹介/経営・コンサルタント系)

・「どのような曲調なのか非常に興味があるから。そもそもこのタイトルの曲をつくった経緯を知りたい」(41歳/機械・精密機器/技術職)

・「18禁の作品かと疑いそうなタイトルだから」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





■変態×100(木山光)

・「変態を曲であらわすと、どうなるのか気になります」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「変態を100倍にしたらどんな曲になるのか興味があるから」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「どのくらい変態なのか気になる」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)





■「…と…」のうた(嵐野英彦)

・「タイトルから曲が想像つかないので、気になる」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「読み方が気になる」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)





■神父様、私は病気です(ベートーヴェン)

・「ベートーヴェンのは絶望感にあふれてそうでよい」(36歳/建設・土木)

・「外国の曲は訳者のセンスによると思う」(38歳/学校・教育関連/営業職)

・「ベートーヴェンが好きだから興味がある」(29歳/食品・飲料)





■ブルー・アイランド氏は糖尿病(青島広志)

・「ネーミングがおもしろいのでぜひ聴いてみたい」(28歳/建設・土木/営業職)

・「糖尿病って何だよ、とツッコミを入れながら聞いてみたい」(33歳/情報・IT/技術職)

・「病気をタイトルにしている曲がどんな内容か気になるから」(27歳/小売店/事務系専門職)





■番外編:どういうシチュエーションで作ったのだろうか……

・お料理が上手になる曲でーす(小森昭宏)「料理がうまくなりたいから。下手なので」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・大仏さんったら(伊藤翁介)「大仏とクラシックが合うのか不思議」(27歳/自動車関連/技術職)

・歯の痛み(シューマン)「現在、歯医者に通っているが、同じ気分を味わっている歌詞が聞けそう」(33歳/情報・IT/技術職)





総評

1位に選ばれたのは「俺の尻をなめろ(モーツァルト)」でした。特にインパクトのあるタイトルなので、笑いが止まらない人も少なくなかったようです。また、モーツァルトという有名な作曲家によるものというのもポイント。酒に酔って、友人とふざけて歌うために作った曲と言われているようですが、そう考えると、クラシックも身近に感じます。





2位は「変態×100(木山光)」。こちらも心をくすぐられるようなキーワードが入っています。変態が100人なのか、変態度が100倍なのか? 「どんな曲なのか想像がつかない」といったコメントが並んでいました。3位は「神父様、私は病気です(ベートーヴェン)」。ベートーヴェンが好きだというコメントが目立ちます。なかには、タイトルの訳し方がおかしいのでは? というご指摘も。実際にはどのような意味が込められているのでしょうか。





3位「『…と…』のうた」や5位「ブルー・アイランド氏は糖尿病」のように、タイトルそのものが謎に包まれた曲も多く選ばれました。どんな曲なのか気になると同時に、何を考えてこの名前をつけたのか気になります。こんな風に「気になる」ことが狙い? とも感じられるような不思議な名前の曲たち。ぜひ探して聞いてみたいと思います。

(文・OFFICE-SANGA 大村優季)





調査時期:2013年1月12日〜2013年1月16日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性377名

調査方法:インターネットログイン式アンケート