表 女性向け20代論対象書籍

写真拡大

■TOPIC-2 「自分らしさ」という至上原理

今週と来週は、女性向け20代論(表参照。これまでは文中に著者が初出する際、その職業を記載していましたが、以後は簡略化のため表に記載することとします)について見ていきます。まず考えたいのは、20代女性論の議論がどう始まるか、つまりその「スタートライン」についてです。いくつか引用してみたいと思います(以下、数字表記はすべて算用数字に置き換えて引用します。また、一文ごとに改行されることが多いため、適宜改行部分を詰めて引用します)。

「28歳はまさに女性にとってのターニングポイントであり、女のわかれ道――。仕事に恋愛に、お金、転職、結婚、美容、健康など、ライフスタイルもそろそろリアルな選択を迫られる時期ですね。そして28歳のほとんどの女性が、漠然とした不安を抱え、焦りを感じているといいます。“今がいちばん楽しい時”だけではないようです」(角川、1p)

「28歳、これからあなたが手に入れたいものって、どんなものですか? 自分を生かせる仕事? 幸福な結婚? 周りから認められて、輝いている自分自身?」(高梨、3p)

「25歳って、まだ若いけど、もう若くない。若いというだけでチヤホヤされていた時代は明らかに終わってしまい、そろそろ結婚する友だちが現れて焦ったり、あるいは恋愛でいつもの悪循環に陥っていたり、仕事ではまだ“できる女”と呼ばれるほどには経験がなかったり、転職したいのに勇気がもてず会社を飛び出せずにいたり(中略)加えて、30代は足音を立てて確実に近づいている! という事実。そのことに恐怖さえ覚え、何だか無性に、そしてムダに焦っていたような気がします」(小倉・神宮寺、1p)

焦り、迷い、不安。これらが、20代女性論のスタートラインにある感情です。引用箇所にあるように、恋愛、結婚、仕事などについて、今後どうしていくのかという問題が「リアル」なものになってくるのが20代(後半)だ、さあどうしようというところから各著作は書き出されているのです。

では今述べたような不安や焦りはどのように解消されるのでしょうか。まず大枠としては以下のような枠組が示されます。

「あなたは、なんなのでしょう? あなたはもちろん、一人の女性であり、幸せな恋愛もできれば、幸せに仕事をすることもできる。ただ欠けてしまっているのは、“こうなれば、わたしは幸せなんだ”という、自分自身のあり方なのではないでしょうか? ちょっといい方を変えれば、“仕事や恋愛、その他ありとあらゆるものごとと、自分自身との位置関係”――そんなことではないかと思うのです」(高梨、5p)

「もし、あなたが自分の未来に漠然とした不安を抱えているなら、原因をまわりに求めるのではなく、自分自身と徹底的に向き合ってみることです。自分と向き合うことなしに、本当にやりたいことは見つかりません」(浅野、18p)

これまでの連載を読んでくださった方なら、予想はついていたかもしれません。自分自身のあり方、自分自身と向き合うこと、心のキメ方――そう、あなたの「心」の問題だというわけです。

ところで、自己啓発書とは、概していえば「二分法」で世界を切り分け、読者が陥っている「間違った」考え方・行動の仕方を、「正しい」ものに優しく矯正しようとするジャンルだといえます。これは連載のなかで幾度も述べてきたことでした。では、女性向け「年齢本」においては、どのような考え方が間違ったものとして退けられたうえで、「心」に注目しようとされているのでしょうか。二つほど引用してみます。

「わたしたちの願う“幸せ”とは、知らず知らず、周りの固定観念に振り回されていることが多いのです。『28歳で恋愛経験は何回あるべき』とか、『30代で結婚できない女は不幸』とか。(中略)もちろんこれらは一つの価値観ではあるのでしょうが、問題は本当にあなたを幸せにする価値観なのかということです。それは誰にもわかるものではありません。(中略)ただ一人、わかるとしたら、あなた自身しかいないのです。だから、あなた自身の価値観をしっかりと見定めて、それに従った自分自身のライフスタイルをつくってほしい」(高梨、36-37p)

「『自分らしさ』っていったい何だろう? 経済的に不安のない無難な相手と『将来が想像できる』生活をして生きていく。本当にそれが私が求めた幸せだったの? 『理想の自分』を求めて、ずっと誰かのようになりたいと矛盾したことを願っていたことに私はやっと気がついた」(青山、36p)

自分らしさ、自分自身の価値観――つまり「心」――に対置されているのは、周りの固定観念、誰かのようになることといった言葉です。「誰かに与えてもらう夢」(浅野、35p)ではなく、「あなた自身の本物の感性」(浅野、45p)を磨こう。このような対置のあり方は、既に連載で紹介した書籍にも見られるものでした。

それは心理カウンセラー・石原加受子さんが『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』(すばる舎、2011)などで示した、「自分中心」か「他者中心」という二分法です。世の中一般、あるいは周りの人がいいと思っていることに自分を合わせる(他者中心)のではなく、自分自身が心からそう思うこと、自分の感性に響くことを自分の人生の基盤に置こう(自分中心)、という考え方の推奨です。女性向け「年齢本」の基本的なロジックは、このような二分法だといえます。

■「自分らしさ」という残された資源

第5テーマ「仕事論」では、仕事が辛い、つまらないのは「心」の問題だという啓発書の主張を紹介しました。私はそれについては大いに疑問を持つのですが、今回の対象書籍において、女性の生き方は「心」の問題だ、となることについては、当然そうなるだろうなと思うところがあります。

私がそう思うのは、たとえば不安や迷い、焦りの一つの根源である結婚について、次のように論じられているためです。

「結婚した女が勝ち組とか、結婚していない女は負け組とか、世間ではそんなことが話題になっています。でも本当に結婚で、女の勝ち負けが計れるものでしょうか? 20代のうちに、と焦って結婚したものの、ベストパートナーとはいえない相手と一生をともにしなければならないとしたら、それでも果して“勝ち”といえるのでしょうか」(小倉・神宮寺、129p)

先に見たように、結婚は焦りの一つの根源だったわけですが、かといって結婚したことで問題は解決できないというのです。どういうことでしょうか。

つい最近まで、日本人にとって結婚とは、「しなければならない」ものでした。「生涯未婚率」(「45〜49歳」と「50〜54歳」における未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率を算出したもの)という値があるのですが、これは男性が1990年に、女性が1995年になって初めて5%を越えました(「国勢調査」)。これが2010年の時点では男性20.1%、女性10.6%にまで上昇しています(国立社会保障・人口問題研究所『人口統計資料集(2012)』)。

こうした未婚化(あるいは省略しましたが晩婚化)傾向は、社会学者の妙木忍さんの表現を使えば、しなければならないものとしての「婚姻規範」の緩みだといえます(『女性同士の争いはなぜ起こるのか――主婦論争の誕生と終焉』)。妙木さんは「婚姻規範」と「出産規範」と合わせて「ライフコース規範」と呼んでいますが(28p)、これらが全体として緩んでいるのが今日なのです。つまり、結婚や出産といったライフコース・イベントは行うべきなのか、またいつどのように行うべきか、あるいは職業生活や私生活はどう過ごすべきかといった事柄について、「みんなそうやっているんだから」という基準が判然としなくなった――でも全くなくなったわけではないので不安や焦りが生じる――というのが現代の状況なのです。

恋愛、結婚、仕事などをめぐる不安、迷い、焦りはこうした状況で生じるわけですが、概して男性においては、良くも悪くも、仕事を人生の軸として立てて不安をやり過ごすことができる部分があるように思います。しかし女性の場合、恋愛、結婚、仕事、あるいは出産、私生活、人間関係といった事柄それぞれについて、どれを軸にするのか、それぞれについてどう選択するのかという余地が、良くも悪くも広く与えられています。何を軸にしても、どう選択しても、「別でありえたかもしれない自分」への思いが、男性よりも多く残されるのです。これは当然、そういう各性別の心理的メカニズムの話ではなく、各性別が置かれている社会状況についての話です。

このとき、結婚したから、出産したから、仕事で頑張っているからといった「状況」によって、その思いを埋め合わせることはできません。なぜなら、その状況に置かれていること自体が、「別でもありえたかもしれない自分」への思いが湧き出る源泉となっているのですから。

自らの置かれている状況によって安心が得られないのであれば、残された選択肢は一つ。それが、「心」、あるいは「自分らしさ」なのです。高梨美雨さんの『28歳から「あなたの居場所」が見つかる本』では、ここまで述べてきたようなことが、「自分の居場所」という言葉で表現されています。「ごくふつうの主婦だって、あるいはアルバイトの女の子だって」(17p)、「自分が望む自分でいられる、そんな場所」(20p)を自分の考え方次第で得ることができる。そうすれば、どんなライフコースを選んでも、どんな状況に置かれても、「あなたが本心から望むような、あなたらしい幸せ」(7p)を得ることができるというのです。より端的には、次のような例も挙げられています。

「世の中には、ずっと“二号さん”であっても幸せな女性がいます。かたや男性がいなくても、とても輝いている独身女性もいる。すすめはしませんが、コールガールとして幸せな生涯を送った人もいます。なぜ幸せだったかといえば、それぞれ異なった『自分自身の幸せの形』を実現したからなのです」(83p)

どんな状況にあっても、それは自然に自らを充たしてはくれない。「自分自身の幸せの形」を見つけることのみが、自分が幸せになるただ一つの道なのだ。そしてそれは「誰かに与えてもらう夢」ではなく、自分自身の内から発見しなければならない。多様な選択肢に開かれている現代の女性の生き方において、「別でもありえたかもしれない自分」への思いを鎮めることのできる唯一残された資源、それが「自分らしさ」なのだと考えられます。

■自分に責任を持ち、自分のすべてを受け入れる

女性向け「年齢本」の最終目標は、ここまでの引用にも表われていますが、「幸せ」になることです。そしてその幸せは「心」の問題だとされるとき、必然的に以下のような考え方が後に続くことになります。

「自分の人生ですから、自分で責任をとりましょう。彼のいない人生を選んでいるのも、ダメ男を選んでいるのも、モテるのもモテないのも、すべてはあなたの責任。したがって、自分が望むとおりの愛情と信頼に満たされた恋愛だって、本当は選べるのです」(小倉・神宮寺、22p)

「結局、重要なのは心の問題です。28歳になったからって、誰かがなにかをしてくれるわけではない。自分の“いままで”と“これから”を考えて、なにも本質的には変わらないかもしれないけど、それでもちゃんと自分の居場所を整えて『こうありたい』と思う方向に進んでいる自分を、心の中につくりあげるしかありません」(高梨、162p)

自らの人生は自らが積み重ねてきた選択によってできている、だから幸せは自己責任の問題だ、だから自分自身の「心」と状況を整えよう、というわけです。いま、選択という言葉が出てきましたが、この選択に自信が持てないという場合もあります。「年齢本」ではそのような場合にも、以下のような対応策が示されています。

「自分がいま選択している道が間違っていないのかどうか、確認したい気持ちは誰にでもあると思います。でも、確固たる自信がないから、悩み、不安を覚える……。では、確認するためにどうしたらいいのでしょうか? 実をいうと、そんな方法はないんです。だから、とにかく自分を信じるしかない。いくら不安でも、自分は間違っていないと思うしかない。それで、選択した道を選ぶしかないのです」(高梨、166p)

人生の選択への不安は、自分を信じることで解消される、というわけです。しかし、どうすれば自分を信じることができるのでしょうか。それに対しては以下のように述べられます。

「自分のことは、誰よりも自分自身が認めてあげなければ! もし認められないとしたら、自分を認められる生き方、楽しく笑って暮らせる生き方を選択しませんか? ありのままの自分を受け入れ、好きになることでしか、私たちは幸せになることはできないのです」(小倉・神宮寺、168p)

「いつも周りの顔色を見ながら誰かに支配される生活は、私らしくない。情けないと思う自分でも、そこから始めればいい。ダメな自分も隠さなくていい。弱いなら、弱いまま、自分のよさを生かせばいい。いろんなものを失って初めて素直になれた気がする。『今、ここから。今の自分にできることをやる』 私は決意を忘れないようにしようと、口に出して言ってみた」(青山、33p)

ありのままの自分を認め、受け入れること。弱さや欠点やコンプレックスもすべて、自分自身で受け入れること。それによって自らの人生を、すべて自らが選んできたものだと受け入れることができるようになり、また今後の人生についても自己責任で切り拓いていくものなのだと考えられるようになる。そしてその選択の基準は「自分らしく」あれるかどうか、というところに置く――。

このように、人生におけるすべてのことがらを自分自身の「心」の問題として位置づけることが、女性向け「年齢本」の基本的スタンスだといえます。では、仕事や結婚など、人生における具体的な問題はこのようなスタンスからどのように考えられていくのでしょうか。それが次回のテーマです。

----------

『28歳からの女、28歳までの女』
 角川いつか/PHP研究所/2007年

『28歳から「あなたの居場所」が見つかる本』
 高梨美雨/ソシム/2007年

『25歳からの“自分だけのHAPPY”をつかむ本』
 小倉若葉・神宮寺 愛/大和書房/2004年

『29歳でもっと素敵に生まれ変わる本』
 浅野裕子/三笠書房/2007年

『29歳OLが永遠に続く幸せを手に入れたシンプルな習慣』
 青山華子/ソフトバンククリエイティブ/2012年

----------

(牧野 智和=文)