東京都千代田区に、新コーヒー店ブランド「Standard Coffee 山王」オープン

写真拡大

ロイヤルグループの外食事業会社である、アールアンドケーフードサービスは7日、 東京都千代田区にある山王パークタワーB1Fに、新ブランド「Standard Coffee 山王」をオープンする。

同店は、アメリカ西海岸で広がりつつあるサードウェーブコーヒーという新しいコーヒーカルチャーと、同グループがこれまで培ってきたベーカリー・ペストリーの技術とを融合させた、新しいスタイルのコーヒーブランド。

トレーサビリティが生産農家まで明確なシングルオリジンコーヒーを1杯ずつハンドドリップで提供するほか、店内で焼き上げる上質なベーカリーを用意するという。

メニューは、シングルオリジンの1杯だてコーヒー全4種が、各380円。

「バゲット」(380円〜)、「ベーカリー」(150円〜)、「ランチセット(サンドイッチの内容は日替わり)」(580円)、「ベーグル」(300円〜)など。

その他、ペストリーやケーキ、アルコール類などもそろえる。

同社では、ビジネス・ランチ・ちょっとした休憩・アルコールを楽しむ夜の時間帯などの多様な過ごし方ができる空間を創ることで、幅広い層の日常を豊かにするブランドとしての展開を進めていくとしている。

今後は2017年末までに全国で50店舗体制を目指すとのこと。

オープンは、3月7日 10時。

所在地は、東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワーB1。

営業時間は平日7時30分〜21時。

土・日・祝は、休店となる。