大阪府を含む2府8県で”本格”花粉シーズン突入! 昨年よりも対策必要

写真拡大

ウェザーニューズは2月28日〜3月1日にかけて、西・東日本の各地で花粉飛散数が増加し、今後も飛散数が増える見通しから、大阪府を含む2府8県が“本格花粉シーズン”に突入したことを発表した。

同社は全国の1,000カ所に、花粉観測量に応じて目の色が変化する独自の花粉観測機「ポールンロボ」を設置し、花粉の観測を行っている。

2月28日、大阪府内の約3割の観測地点において、花粉症の症状が出始める花粉飛散量(30個)を超えるレベルを観測した。

府内の花粉症の人の症状報告を見ても、“ややつらい”以上の症状を感じる人が増えてきている。

さらに福島県、宮城県、長野県、福井県、京都府、和歌山県でも30個以上の飛散を観測し、28日に本格花粉シーズンに突入したことを発表。

昨シーズンに比べて1週間程度早いが、平年(過去5年の平均)と同時期の本格花粉シーズン突入となる。

また、3月1日には、滋賀、石川、富山の各県が、本格花粉シーズンに突入したことを発表した。

花粉症の人は最新の花粉飛散情報を確認し、十分な対策をとる必要がある。

同社によると、3月は寒さがゆるむタイミングが周期的にある見通し。

そのタイミングではさらに飛散数も多くなる可能性がある。

2013年の花粉の飛散量は、昨シーズンより多くなる所が多く、東北地方を中心として、大量飛散となった2011年シーズンと同程度となる可能性もあるという。

最新の飛散情報と各地の本格シーズン突入のニュースについては、スマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」および携帯サイトで随時発表予定。