東京都・日本科学未来館で、”地球”体感イベント「10日間の地球合宿」開催

写真拡大

日本科学未来館は3月22日〜31日、「つながりプロジェクト2013 〜 10日間の地球合宿」を開催する。

同イベントは、シンボル展示「ジオ・コスモス」を中心とした、新しい地球理解のためのプロジェクト。

多様な視点から地球を眺め、探ることで、地球上のさまざまなものの「つながり」と、人類を含む「地球」というシステムを理解し、地球を未来につないでいくために何をすべきかを共に考える内容という。

平成23年の10周年を機にスタートした、「つながり」プロジェクトの一環。

会期中は、ワークショップや館内ツアーなどのプログラムを毎日開催する。

なお、同イベントは宿泊イベントではない。

内容は、<基礎プログラム>として、地球を見上げる ジオ・コスモス新規上映プログラム「軌跡 〜The Movements」(10時30分〜、14時30分〜)や、地球をころがす インタラクティブ実演「ジオ・コスモスをさわって感じよう」(11時45分〜、13時45分〜、15時45分〜)など。

また、<特別プログラム>としては、地球とはじめる『Geo-Soundオープニングパフォーマンス「T-Minus and Holding」 with ジェフ・ミルズ』( 3月22日 20時〜21時45分)、地球をみがく 光るどろだんごワークショップ「小さな地球をつくろう!」( 3月23日10時30分〜12時)などのプログラムが開催される。

開催期間は、3月22日〜31日10時〜17時、30日は21時まで(入館は閉館時間の30分前まで)。

場所は、日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)。

休館日は、毎週火曜日(ただし、祝日と春休み期間中は開館)。

参加費は無料だが、一部、入館料が必要なプログラムもある。

入館料は、大人600円、18歳以下200円など。

その他、詳細は同館Webページで確認できる。