JR大阪駅構内に薬局がオープン! 薬剤師が常駐し、処方箋も受付

写真拡大

西日本旅客鉄道の子会社であるジェイアール西日本デイリーサービスネットと、薬局事業を展開するクオールは4月8日、新しい形態の駅型調剤薬局1号店「駅クオール薬局JR大阪店」を、JR大阪駅構内にオープンする。

同店は、薬剤師や登録販売者などが常駐し、処方箋薬の調剤も可能な”調剤薬局”。

年中無休で長時間営業を行い、通勤や買い物などの途中に医薬品やサプリメント、健康などに関していつでもプロによる相談が可能。

処方箋を持参すれば薬を受け取れる。

また、薬剤師が自ら調合した”薬局製剤”の小分け販売を行うことで、乗客の急な体調変化に対応。

顧客個々の履歴照会機能を備えたクオールカードを導入し、JR大阪駅周辺のクオール薬局グループだけでなく、全国のクオール薬局でスムーズな処方箋調剤サービスが受けられるという。

店舗の場所は大阪府大阪市北区梅田3-1-1 JR大阪駅構内(セントラルコート内)。

営業時間は7時〜22時。

オープンは4月8日を予定している。