無印良品、東京都・丸の内のKITTEに「MUJI to GO」世界旗艦店を出店

写真拡大

無印良品を企画、開発する良品計画は21日、旅と移動をテーマにした商品カテゴリーである「MUJI to GO」の世界旗艦店を、日本郵便が取り組む初の商業施設「KITTE」に出店する。

「MUJI to GO」は無印良品の7,000以上の商品から、「移動」や「旅」で活用されるモノを編集した商品群。

2008年より旗艦店にてコーナー展開されると共に、単独店舗をグローバルで出店している。

「MUJI to GO」単独店舗は、2008年3月に香港国際空港に出店した「MUJI to GO Hong Kong International Airport」以来、国内では国際空港を中心に6店舗、海外では5カ国の国際空港および国際鉄道ターミナル周辺に5店舗を展開。

今回出店する「MUJI to GO KITTE丸の内」は、12店舗目にあたる世界旗艦店として、単なる物販ではなく、旅にまつわる情報発信の場を目指すとしている。

同店では、旗艦店として単独のプロジェクト「WHERE to GO」を実施。

「旅」は、職業、国籍、行く場所や目的によって異なる「持ち物」に象徴的に現れるというコンセプトのもと、毎月各国、各分野から人選し、持ち物を軸に「その人の、その旅」を、店内に設置したTable上で表現するという。

開店日は3月21日。

所在地は、東京都千代田区丸の内2-7-2「KITTE」 3F。

売り場面積は45坪。