「パンケーキ」と「ホットケーキ」、何が違うの?

写真拡大

ハワイの「カフェカイラ」など、海外からパンケーキ専門店が日本に上陸し、話題を集めている。

また、コーヒーチェーンの「星乃珈琲店」で提供する厚焼きふわふわの「名物スフレパンケーキ」も人気。

いま、ちょっとしたパンケーキブームが巻き起こっているのだが、ちょっと待てよ。

パンケーキってホットケーキとは別物なのだろうか。

パンケーキとホットケーキ、それぞれの定義を皆さん考えてみてほしい。

「パンケーキはスクランブルエッグやベーコンと一緒に食べる食事系のもの。

ホットケーキが蜂蜜やメープルシロップをかけた甘いもの」。

もしくは、「ホットケーキは厚みがあって、パンケーキは薄いタイプ」。

こんな風に考える人もいるだろう。

さまざまな文献でその違いを調べてみた結果を総合すると、パンケーキとはフライパンなどで焼いたケーキの総称。

フランス語の「パケヌ」が英語のパンケーキにあたり、クレープ生地でクリームなどを巻いた甘いものから、前菜にもなる塩味系のものまで幅広い。

つまりはパンケーキの中にクレープもホットケーキも含まれる、といった解釈がなされている。

ちょっと意外な結果かもしれない。

では、ホットケーキに関しての定義はあるのだろうか。

ここで、ホットケーキミックスとパンケーキミックスを販売している森永製菓にホットケーキの定義について聞いてみることにした。

すると、「諸説あるようですが」と前置きしつつ、「ホットケーキは小麦粉、卵、牛乳、砂糖などを混ぜて、フライパンなどで円形に焼いたもの。

甘くて、厚みのあるものをホットケーキとしています」との回答だった。

ちなみにパンケーキはというと、同社のミックス粉は「砂糖不使用で甘くなく、食事に合うような品質にしています」。

つまり、森永製菓では「ホットケーキは厚みのあるスイーツ系、パンケーキは食事系」という見解だ。

ちなみに、1953年にパンケーキをメニュー化した帝国ホテルでは現在、「インペリアルパンケーキ いちご添え」として提供している。

こちらは”パンケーキ”とあるがスイーツ系のメニューである。

ホテルニューオータニでは、リコッタチーズを生地に使い、イチゴや蜂蜜入りバター、メープルシロップをプラスした「ニューオータニ特製パンケーキ”あまおう”添え」を販売。

こちらは結構な厚みもある。

なるほど、パンケーキとホットケーキの解釈は、本当にさまざまである。

こんなにもブームになっているのに、定義づけがなされていないのも少し不思議な気がするが……。

最近では、ネット上にホットケーキやパンケーキのレシピもたくさん出回っている。

趣向を凝らしたレシピも多く、その中から自分好みのものを見つけ出し、パンケーキ&ホットケーキづくりにチャレンジしてみるのも楽しいだろう。

まずは難しいことを考えず、パンケーキやホットケーキのおいしさを体感してみてはいかがだろうか。